2013年05月15日

2013年度の医療技術部の目標

2013年2月より医療技術部長に就任しております鍵井一浩と申します。
医療技術部は、薬剤師、臨床検査技師、放射線技師、管理栄養士、理学療法士、作業療法士など、コメディカルと呼ばれる職種が集まる部門です。
また、私は現在、理学療法士、介護支援専門員、社会福祉士、精神保健福祉士の資格を取得しており、医療分野と社会福祉分野の幅広い視点から良質の医療サービスが提供できることを目指しています。

近年、医療機関においては「在院日数の短縮化」「機能特化」「連携」が重要なテーマとなっており、個々の医療機関がそれぞれの機能を明示して有機的に連携することが求められてきています。しかし、現在の保健・医療・福祉の連携においては、急性期の医療機関で立てた目標を回復期・維持期の医療機関・福祉施設や在宅でも継続できているのか、連携は十分に取れているのか、まだまだ課題は存在します。

これまでのように、一つの医療機関で医療が完結する時代ではなく、各病期の医療機関が医療と福祉を提供しながら重複関係をより少なくし、治療開始から終了まで一連の連携をスムーズに行う必要があります。また、これらを実現するためには「地域ぐるみ」で完結して行くことを目指さなければなりません。

そのために、医療技術部としても「地域の皆様とパートナーシップを形成できるよう、確かな技術と安心を提供できること」を目指してまいります。今後、地域の皆様のところに出かけたり、皆様のニーズを教えていただいたりという機会を増やしたいと思っています。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

-医療技術部長(鍵井)
posted by IYUKAI at 21:09| 医療技術スタッフのページ | 更新情報をチェックする

2013年度に看護部が目指すこと

看護部長の山﨑です。当院看護部では病院のスローガンである「確かな医療、まごころこめて」の具体的実践において、特に“まごころをこめる”という点に毎年努力しています。具体的には患者さん・ご家族、業者さん、院内で働くスタッフや同僚すべてを顧客と考え、「相手を大切に思う気持ちを言葉や態度で表現すること」を心がけるように指導しています。
私達看護部のこのような実践を通じて、地域住民の皆様に信頼され、かかりやすい、身近な病院として親しんでいただければそれに勝る幸せはありません。

今年度の取り組みについて一部を紹介させて頂きますと、まず第一の目標は、患者さま・ご家族と良好な関係を築くことです。
①定期的にスタッフの接遇について自己評価・他者評価を行い接遇の向上(挨拶・身だしなみ・言葉使い)に努めます。
②入院時に各病棟師長は患者様・ご家族に自己紹介を行い、何か問題があれば窓口として早期に対応することを説明します。
①ご家族の面会時等には当日の受け持ちスタッフからご家族へ声かけを行い、入院生活における問題が無いか確認します。問題があれば医師や師長と相談の上速やかに対応させていただきます。

次に、専門職としての研鑽を続けるとともに、患者様を中心としたチームアプローチの実践に向けた取り組みを挙げています。
今春、当院では特に理学療法士や作業療法士などのリハビリスタッフが強化され、リハビリテーションを目的にした入院患者様が増えてきました。入院生活においても全介助から患者様の残存する機能を発揮できる援助へとケアの方向性も変化しています。リハビリの継続によって住みやすく慣れ親しんだこの地域の中で生活できる可能性も拡大することでしょう。
患者様・ご家族と同じゴール目標に立ち、入院目的に応じたサポートを医師やリハビリスタッフ、その他専門職とともにチームで支援できるように頑張って参ります。

今年度も皆様方お一人、お一人に私達の“まごごろ”をお届けできるように努力を続ける所存ですので、どうか宜しくお願いいたします。

―看護部長(山崎)
posted by IYUKAI at 21:04| 看護スタッフのページ | 更新情報をチェックする

愛友会明石病院が目指すもの

近年、医療界では「機能分化と連携」や「施設完結型から地域完結型へ」といった言葉が普及してきました。それぞれの医療機関が地域での役割や医療機能を明確にするとともに、他の医療機関や施設等と連携を密にしながら包括的な医療を提供していく、地域医療はこのような方向に進んでます。

他の医療機関等と連携して医療を提供するために、まず最初にやらなければならないことは、「自分たちは何ができるのか、何をやるべきか」を明確にすることです。

愛友会明石病院の役割は、急性期基幹病院はじめ一般急性期病院や慢性期病院、開業医、介護施設、在宅サービス事業者などと連携しながら、亜急性期から慢性期にかけて良質の医療を提供することといえます。
①一般病棟(主に亜急性期)は、急性期病院からの急性期後および地域からの軽度急性期の入院が主になり、療養病棟(慢性期)は、医療必要度が高い慢性疾患が中心になります。
②また、一般病棟、療養病棟の双方において患者の身体機能の回復または維持を目指すリハビリテーションを飛躍的に充実させる必要があります。
③加えて、地域包括ケアを提供する一員としての役割を発揮するために、従来からの外来や健診に加えて訪問診療や訪問サービスの充実が求められます。

他の医療機関等と連携しながら医療を提供するために、次にやるべきことは何でしょうか?

それは、「自分たちは何ができるのか、何をやるべきか」について病院内の各職種が共有することです。いいかえれば病院の役割や機能を認識しながら医療チームの具体的な目標にブレークダウンすることになります。
特に亜急性期から慢性期の病院においては、医師、看護師、コメディカル等の多職種がチームを形成して対等に患者に関わらなければ良い医療を提供できません。良質の医療を提供するためには病院内における多職種の目標共有や連携が不可欠であるといっても過言ではありません。

自院のなかで職種間の目標共有や連携ができていなければ、他の施設と良い連携を行うことはできないでしょう。本当のチーム医療を実践しなければ地域医療に十分な貢献はできない、そんな時代はすぐそこまで近づいています。

―理事長(明石)
posted by IYUKAI at 20:51| 経営者のページ | 更新情報をチェックする

2012年02月22日

医療従事者の使命は「安心の提供」

医療従事者の使命とは何でしょうか? 医師は疾病の治療、薬剤師は調剤や服薬指導、看護師は療養上の世話と診療介助、それぞれの職種にはそれぞれの使命があります。

しかし、病院で働いている医療従事者に共通の使命があるのではと考えてみました。
それは、「患者さんに安心を提供すること」です。目の前の一人一人の患者さんの気持ちを理解して「疾病や障害、不安、不便、不満」など不都合なことを解消する、あるいは軽減することによって安心し喜んでいただくこと、これがすべての医療従事者に共通の使命です。
このような使命の達成努力によって患者さんの意欲を引き出し、QOLの向上や維持を実現することがすべての医療従事者の役割であるといえるでしょう。

- 理事長(明石)

posted by IYUKAI at 21:59| 経営者のページ | 更新情報をチェックする

2012年01月05日

看護部長の年頭メッセージ

年頭にあたって当院の看護部門のスタッフに次のようなメッセージを出しました。
院内向けの言葉ではありますが、参考のために紹介させていただきます。


2012年、新年あけましておめでとうございます。
多くのスタッフの皆様が年末年始にも出勤いただき、患者様のケアを実践していただきました。このように無事に新しい年を迎えられるのも、スタッフ一人一人の働きのお陰様と心より感謝いたします。

2012年は診療報酬と介護報酬の同時改定の年になりますが、医療制度や経済状況の変化に対応しながら、われわれの明石病院が良い医療を継続して提供できるように、先見の目を持って変革を進めていかねばならない年になると思います。規模的には中小病院ではありますが、「キラッと光る病院」へとさらに成長できるよう看護サービスを構築して行きたいと思います。

今年の私のテーマは、
「チャレンジ! ― 嫌われてもみんなのために」 です。

この病院の創設者で初代院長の明石 朗 先生が「西七条に明石病院あり」と人々から言われることを目指しておられましたが、この創設の心を大切にしながら時代や顧客ニーズの変化に対応したサービスを生み出していく、創造と変革の時期を迎えていると思います。そのためには、何といっても病院の中で一番大所帯の看護部がもっと活性化しなければなりません。

なんでも前向きに新しいことを始めようとするときはとても辛くて、しんどくて、くじけそうになることもしばしば… でも頑張った後にふと振り返ってみると自分の成果が見えてきます。そしてその達成感が次のチャレンジや自分の成長を支えてくれることに気付きます。チャンスは皆同様に与えられるのに、そのチャンスを「いいわ、しんどいし・・」と逃してしまう人、チャンスを逃さずにつかみ取る人、いろいろな人がいます。でも、皆さんが自分の人生をより良く生きようと思うなら、この1年勇気を持って私と前に進んでください。

皆さんに、この明石病院で勤務していることを誇りに思っていただけるように、私は嫌われ役になっても頑張るんだと年頭に決意しています。地域の方々に是非行ってみたいと思っていただける明るい病院にするために看護部長として役割を果たす所存です。どこまでやれるかわかりませんが皆さんの協力があれば百人力です。まだまだ未熟ですが、どうぞご支援いただきますようお願いいたします。

―看護部長(山崎)

posted by IYUKAI at 19:59| 看護スタッフのページ | 更新情報をチェックする

2011年12月30日

院内看護研究発表会

12月20日に実施した看護研究発表会の紹介です。
今回は次の3題の発表を行いました。
①注入食の粘稠度製剤の使用について(3F病棟)
②胃ろうと気管切開のある患者の在宅介護にむけての援助(4F病棟)
③申し送りの効率化(2F病棟)

3つの発表に対して参加者から色々とコメントが出ましたが、3F病棟の「粘稠度製剤の使用について」の意見を紹介します。

・各病棟で注入食の実施方法が若干異なっているところがある。個々の患者さんに適した注入方法を検討し、全病棟共通の手技で行えるとよいと思う。
・粘度調整剤や注入食の種類によって粘度のつき方が異なるので、患者さんによって、
例えば逆流しやすい、下痢しやすいなどの個別性に応じて選択を考えて行くことができるよう研究を継続してほしい。
・大変興味深い研究であった。

最後に看護部長から、「既存の研究等の文献検索をしっかり行うことによって、さらに良い研究結果が出るのでがんばってください」と3つの研究に対して全般的な講評をいただきました。

-2F病棟看護師・研修委員(堀)

posted by IYUKAI at 10:37| 看護スタッフのページ | 更新情報をチェックする

「人工呼吸器の取扱い」についての学習会

2011年11月15日に、当院で使用している“TバードVSO2"を安全に正しく管理できることを目的に看護部学習会を行いました。
この機器の取扱会社であるアイ・エム・アイの担当者を招いて講義をしていただきましたが、看護師各々が日頃からがME機器の取り扱いについて理解を深める必要があると感じました。

-外来看護師・研修委員(明暗)


posted by IYUKAI at 10:36| 看護スタッフのページ | 更新情報をチェックする

看護師は病院の主役

病院の職員のなかで主役はだれでしょうか?
医師、看護師、薬剤師、放射線技師、臨床検査技師、理学療法士、作業療法士、管理栄養士、MSW、マネジメント職(事務職)・・・・ 病院には多くの職種が勤務しており、どの職種が欠けても仕事が回りません。当たり前ですがみんな重要、みんなが主役です。

しかし一つ確実に言えることは、多くの職種のなかで看護師が真ん中に位置している病院は、概して良い医療を提供しているといえます。
看護師は、自ら患者さんに看護サービスを提供すると同時に、医師はもちろん薬剤・検査などコメディカルの業務に介在します。つまり看護師には患者さんの治療や療養にまつわるあらゆる情報が集まってくるのです。

看護師は個々の患者さんを全人的に把握するのが仕事です。もちろん医師は全人医療を心がけねばなりませんが、どうしても疾病の治療を優先してしまう職種です。薬剤師は薬に、技師は検査に、セラピストは身体機能に、管理栄養士は食事に目が行くのは当然のことでしょう。また、MSWは入退院に、医事スタッフは医療費に着目します。
看護師は、これらの全部に何らかのかかわりを持ちます。看護師が向かうのは患者さんという「人」
であり、病院のなかで患者さんを総合的に見ているのは看護師であるといえるでしょう。

看護師が、患者さんの色々な問題を把握しながら各職種の真ん中に位置する病院、そんな病院は絶対に良い病院だと思います。

-理事長(明石)

posted by IYUKAI at 10:23| 経営者のページ | 更新情報をチェックする

2011年12月29日

看護の道に進んだきっかけ

私は、大阪の梅田の近くで生まれ、母方の祖父母らと8人家族のなかで育ちました。
看護師を目指したきっかけは、7年間寝たきりでしたが、家族の介護を受けて自分の希望どおり自宅の畳の上で看取られた祖父と、救急病院に入院して、24時間不眠不休の付き添いが3カ月続いて家族の疲労がピークを迎えたなかで天に召された祖母の亡くなり方の違いからでした。

同じように大切な家族の看取りなのに、一方は満足を、一方は不満足感を家族にもたらしました。
その時私は中学生でしたが、いつもと変わりない生活のなかで自然なこととして看取られた祖父と、祖父の介護を中心になって行っていた祖母を家で看取ってやれなかったという自責の念が家族に後悔を残したのではないかと思いました。

祖父母の看取りを通して「生まれて、生きて、やがて死ぬ」という人間に与えられた自然なプロセスを、肯定的にかつ満足できるようにサポートできる仕事がしたいと看護の道を歩む決心をしました。
もうすぐ看護職??周年を迎える私ですが、人生の最後の瞬間に、看護師を選んでよかったと笑顔とともに家族から旅立つことを目標に、精一杯努めていきたいと思っています。

-看護部長(山崎)

posted by IYUKAI at 10:22| 看護スタッフのページ | 更新情報をチェックする

笑顔

デリケートになっている患者さまや、そのご家族は、ナースの表情にとても敏感になっています。明るいナースの笑顔や相手を思う表情は癒しや安心を与えます。

最近、マスクをしたまま患者さまと話す機会も多くなったような気がします。目と眉だけしか見えない分、その表情が目立つので、目の動きで安心感を与えるようなことが必要です。口元が見えていなくても、本当に笑っているときの目元は、自然と柔和になります。眉を寄せると怖い印象になりますが、眉間のシワはマスクをかけると余計目立つので注意したいものです。

笑顔を保つには、まず自分の顔を知ることから始まります。毎日、鏡で見ている自分の顔と鏡のないところで実際に患者さまや他人に見せている顔は、ギャップがあると思います。最近は、携帯電話で写真が撮れるので、一度自分の顔を映してみるのもいいですね。

愛友会 明石病院 では、職員が働くうえで「行動指針」があります。これは、明石病院のスローガンである「確かな医療、まごごろこめて」を実践するものでもあります。それは15項目から成り立っていますが、一番目に「元気で明るく」「あいさつ」が掲げられています。いつも笑顔で明るく元気に。私たち医療スタッフは病院というステージの上にいるのです。挨拶は先手必勝で相手の目を見て行います。

病院の職員の中では看護師が一番多くの数を占めています。そして、患者さまと触れ合う時間も看護師が一番多いのです。看護師のみならず、私たち医療人は忙しくとも笑顔と優しさを忘れることなく、患者さまに声かけをして触れ合いを大切にしましょう。

― 看護部顧問(森下)

posted by IYUKAI at 10:16| 看護スタッフのページ | 更新情報をチェックする