2018年02月08日

予防で健康増進

近年「健康寿命」という言葉があちこちで聞かれるようになりました。
健康寿命とは、WHO(世界保健機関)が提唱し始めた概念で、「健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間」のことです。

2013年の日本人の健康寿命は男性が71.19歳、女性が74.21歳でした。2000年のデータと比べると、健康寿命は男性が1.72年、女性は1.17年の延びで、平均寿命の延び(男性1.43年、女性0.84年)を上回り、「不健康な期間」が縮まったと言われています。


しかし、都道府県別の健康寿命ランキングをみると、京都府は平成22年では男性26位、女性28位であった順位が、平成28年では男性28位、女性44位になっています。この結果の理由は一概にはいえないようですが、「私は健康なのか」を見直すきっかけにして頂ければと思います。


自立度の低下や寝たきりになるその要因の第1位は「運動器の障害だ」ということをご存知でしょうか。要介護や寝たきりは、本人だけではなく、家族など周囲の人にとっても問題になります。自分のみならず、大切な家族や友人のためにも運動器の健康を維持しましょう。

要支援要介護になった原因.png

運動器の障害のために異動機能の低下をきたした状態を「ロコモティブシンドローム」といいます。

P1060836.JPG

ロコモは筋肉、骨、関節、軟骨、椎間板といった運動器のいずれか、あるいは複数に障害が起こり、「立つ」「歩く」といった機能が低下している状態をいいます。いつまでも自分の足で歩き続けていくために、運動器を長持ちさせ、健康寿命を延ばしていくことが今、必要なのです。

介護が必要にならないよう新進の衰えを予防する、失われつつある身体機能を維持・改善するための取組を「介護予防」といいます。
その重要な取組が「病気予防」「老化予防」です。

ただ、「なにをしたらいいかわからない」「自分ひとりでは長続きしない」というお悩みをお持ちの方は、一度、明石病院スタッフにお気軽にご相談ください。「無理なく楽しく継続できる」運動を通じて病気予防、老化予防に取り組みましょう。


-地域ケア推進部相談窓口
TEL:075-313-1453
posted by IYUKAI at 00:00| 健康情報のページ | 更新情報をチェックする

2017年12月08日

通所リハビリの送迎車が新しくなりました

「車椅子だけど明石病院に行ってリハビリがしたい」というニーズにお応えし、送迎車を新調しました。

DSC03569.JPG

日産のキャラバンという車で、天井が高く、車椅子2台がそのまま乗れるロングタイプです。車内には手すりがついており、ドアの開閉に連動したステップが利用できるので、以前の車に比べると、乗り降りがしやすくなり、また、ゆっくりとお乗りいただけると思います。

狭い路地の近くにお住まいの方の送迎については玄関先までお迎えに行けるように、小回り可能な車両で伺います。

送迎エリアについては当院から概ね3km圏内です。
リハビリに興味はあるものの通院が困難でお困りであれば、一度当院スタッフまでお尋ねください。
posted by IYUKAI at 00:00| 在宅医療のページ | 更新情報をチェックする

2017年11月30日

秋の健康フェア開催

11月10日に、地域の方を対象として行事「秋の健康フェア」を開催しました。
地域あっての病院であり、地域の方に少しでも貢献したいという思いから、昨年に続き2回目の開催となりました。

DSC02881.JPG

今年はボランティアサークルによるフラダンス、管理栄養士による食事に関する講演、バランス能力診断3種による体力測定、骨密度と血管年齢の測定を行いました。

DSC02923.JPG

開催時間は2時間程の行事でしたが、100名を超える方々に起こしいただきました。来場の皆様には、楽しんだり、勉強されたり、そして現在のご自分の健康を把握していただきました。
当日はかなり混雑しましたが、にぎやかで活気に満ちた楽しいひと時になりました。

年齢とともに健康に興味を持たれたり、注意を払われたりする方が多く、真剣に測定に臨んでおられたように思います。


職員も地域の方と交流する良い機会となり、充実した行事になりました。
今後もこのような行事や日々の業務を通じて、「地域の方々の健康を守る」「健康の相談事に乗る」「健康について情報発信する」「在宅での生活をお手伝いする」等、地域密着の病院として地域の方々に貢献してまいります。
posted by IYUKAI at 00:00| 病院全般のページ | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

予防接種のご案内

当院では各種予防接種をご用意しております。

【肺炎球菌ワクチン】
<実施期間>
平成29年4月1日~平成30年3月31日

<対象者>
京都市在住の65歳以上の方

<接種料金>
4,000円

※次の方は事前申請により京都市が発行する「自己区分証明書」を接種日に窓口にご提出していただくことで接種料金が軽減されます。
〇市・府民税非課税の方
〇生活保護または中国残留邦人等支援給付受給者の方


【インフルエンザワクチン】
<実施期間>
10月末から接種開始予定


※上記以外のワクチンも受付していますので、窓口までお問い合わせください。
posted by IYUKAI at 00:00| 病院全般のページ | 更新情報をチェックする

2017年09月06日

ふれあい看護体験

8月9日、昨年に引き続き「ふれあい看護体験」を開催しました。
今年は、看護師を目指す高校生3名に制服に着替えて参加していただきました。

DSC02716.JPG

台風一過の猛暑の中での参加で、並々ならぬ意欲が感じられ、お迎えする側もうれしく思いました。


まず、高齢社会で看護師を必要とされる分野が拡がり、今後ますます社会から期待される職業であることや、体験上の注意点についてお話しました。
次に、外来で手洗い実践後、聴診器を使って呼吸音・心音の聴取や検脈・血圧測定を行いました。
病棟では、昼食準備の時間帯から体験していただきました。

P1060904.JPG

今年はマンツーマンで受け持ち看護師の仕事を見学体験していただきました。
短時間にもかかわらず、終了後のアンケートでは、しっかり観察されていたことがうかがえました。
「大変な仕事ではあるが、やりがいもある。看護師になりたい。」「有意義な時間だった。」と答えられ、ますます看護師になりたいという気持ちを強くされたようでした。

私達の後輩になられるであろう3名の高校生に心からのエールを送りたいと思います。
posted by IYUKAI at 00:00| 看護スタッフのページ | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

七夕会を開催しました

DSC02610.JPG

7月28日、昨年までの「夏祭り」から趣向を変え、今年は入院患者様とそのご家族を対象に少し遅めの「七夕会」を開催しました。

昭和初期の歌謡曲や唱歌が流れる中で、小さい頃を思い出しながら、また、どんな願い事を書こうかと悩まれながら、ご家族や職員の協力で短冊を書かれました。完成した短冊は職員がお手伝いし、自分の手で笹に吊り下げていただきました。

2017七夕.JPG

吊り下げが終わると、大満足の表情を浮かべられ、充実のひと時を過ごされました。


みなさんの願い事が叶いますように。
posted by IYUKAI at 00:00| 病院全般のページ | 更新情報をチェックする

2016年12月21日

第50回JA京都市体育祭に救護班として参加しました

9月24日、伏見桃山城講演で開催された「第50回JA京都市体育祭」に救護班として参加しました。

DSC01913.JPG


この体育祭は毎年開催されており、記念すべき50回目に、昨年に引き続き参加させていただきました。
みなさん爽やかな汗と笑顔で、それぞれのチームが一番となって競技をされていました。

救護班としての活動内容は受傷者への対応ですが、中には飲酒後に怪我をされる方もおられました。飲酒後の運動は血液循環が早くなり、酔いが回りやすくなります。そのため、平衡感覚も麻痺し、大怪我に繋がる場合もあります。
飲酒自粛のアナウンスはされていましたが、やはり、飲酒後の運動は危ないなと実感しました。


しかし、開始前の皆さんの健康に対する意識の高さや、開始前のしっかりとしたストレッチのおかげもあり、大きな怪我をされることなく、無事に終了しました。


救護班として参加させていただき、大変感謝しております。これからも地域密着型病院として、少しでも地域の方々や地元の企業に貢献できるよう取り組んでまいります。
posted by IYUKAI at 00:00| 病院全般のページ | 更新情報をチェックする

2016年11月15日

明石病院デイケアの紹介

当院では「デイケア」を行っています。「デイケア」は簡単に言うと”病院などに通ってリハビリをする介護サービス”です。
そこには医師やリハビリ専門職がおり、医療的な観察の下で身体機能の医事・向上・回復ができる場となっています。


「最近、腰が痛くて歩きにくくなった」「3年前に脳梗塞を起こしてから食べ物が飲み込みにくくなった」など、身体の悩みは人それぞれにあるかと思います。
病院に行って入院・手術をしたときはリハビリを受けられていても、ご自宅に帰られてからはいかがでしょうか。不安なく生活は送られているでしょうか。


当院ではデイケア(通所リハビリテーション)を提供しています。
退院して間もない方でも、何年も経っている方でも、また、入院を経験されていない方でも、要支援・要介護認定があればデイケアの利用が可能です。
介護保険サービスを受けたことがないが、日常の生活に不安があるといった方はお気軽に当院にご相談ください。


当院デイケアの特徴は「短時間」「訓練中心」「個別リハビリ」です。
利用時間は1時間半という通所サービスの中では短いサービスとなっており、集中的に訓練を実施いただけます。
また、理学療法士や言語聴覚士といったリハビリ専門職が在籍しているので、マッサージ・ストレッチや関節可動域訓練、転倒予防のバランス練習だけでなく、嚥下訓練や発声・発音、認知などのコミュニケーションについても対応しています。


当院では、その人個々に合ったリハビリメニューを提案いたします。
十人十色という言葉があるように、年齢、性別、体力、病気の種類や障害の部位は一人ひとり異なります。
あなたにとって最適なリハビリメニューを専門職が身体を評価して提供いたします。

ーリハビリテーション科
posted by IYUKAI at 00:00| リハスタッフのページ | 更新情報をチェックする

2016年09月01日

ふれあい看護体験

8月3日、「ふれあい看護体験」として高校生2名を受け入れました。

DSC02071.JPG

医療職を目指す女子高校生2名にあこがれの制服に着替えて参加していただきました。
最近はナースキャップをしませんが、2人とも緊張気味の中に何となくうれしさが感じられるスタートとなりました。


まず、外来で手洗い実践後、聴診器を使って自分の呼吸音・心音・腹鳴の聴取や血圧測定を行い、条件による値の差等を体験しながら実習しました。
病棟では、昼食介助の見学と患者様の足浴を行いました。
96歳男性患者様から感謝と激励のお言葉をいただき、また若かった頃の話や戦争中の苦労話等をお聞きしました。

DSC02065.JPG


体験終了後のミーティングでは、積極的な質問もあり、ますます医療従事者になりたいという気持ちを強くされたように感じました。
アンケートには「大変な仕事ではあるが、やりがいもある。看護師になりたい。」「有意義な時間だった。」と答えられていました。

病院職員一同、お二人を応援しています。ファイト!!
posted by IYUKAI at 00:00| 看護スタッフのページ | 更新情報をチェックする

2016年08月10日

第4回夏祭りを開催しました

7月29日、患者様やそのご家族に、楽しい夏の思い出を作ってほしいとの思いで、催しもの・飾り付け・ゲーム等を考え、夏祭りを開催しました。
2016夏祭り1.JPG


ゲームではヨーヨー釣りと輪投げを用意。輪投げは高得点を出された方に景品をプレゼントしました。ご家族で楽しんでおられました。
催し物のトップバッターは男性看護師のけん玉です。失敗はできないという緊張で失敗の連続でしたが、大笑いされたり、「頑張れ!」という声援をいただいたり、とても温和な空気に包まれました。
2016夏祭り2.JPG


次に、ボランティア(てるちゃん会)3名を招待して、大道芸を披露いただきました。手品・皿回し・南京玉すだれを披露され、皿回しでは皆さまに体験していただきました。
2016夏祭り3.JPG

患者様が飛び入りで詩吟を披露されたり、映像で打ち上げ花火を観ていただき、楽しいひと時を過ごしていただきました。


患者様の普段なかなかみられない笑顔を見ることができて、職員一同、感動と笑顔をいただきました。
来年も患者様やご家族の笑顔をいっぱい見られるような夏祭りにしていきます。
posted by IYUKAI at 00:00| 病院全般のページ | 更新情報をチェックする