2019年09月07日

医療事故を少なくするために

人間の脳は非常にすぐれていますが、さまざまな原因で必ず間違えるものです。どんなに教育や訓練を受けたとしても、ヒューマンエラーを完全になくすことは不可能です。

エラーリスクの高まる状況は、経験不足、時間不足、不適切な点検(点検という単純作業がいい加減になること)、手順の不手際(準備不足・人手不足・注意不足)、不適切な情報、焦りや疲れなどによる集中力の低下があげられます。
また、自己発生の落とし穴は、あいまいな指示、間違った情報、読めない文字、整理不足、物品補充不足、物品をあるべき場所に戻さないことなどがあげられます。

では、エラーを防ぐためにどうすればよいのでしょうか。
我々がすぐにできる事故対策は、自分の体調管理・精神状態のコントロール、ダブルチェック(自身でのチェック+複数人でのチェック)、見直しをする習慣を身に着けて各段階のエラーを減らすこと、確認されるのを嫌がらないことです。
それから、人的要因への対策は、記憶に頼らないこと、情報を視覚化すること、ルール・手順を再検討して単純化すること、ルール・手順を標準化すること、チェックリストを活用すること、警戒心を過信しないことです。

それに加えて、医療安全のために日頃から身に着けたいのが、以下の心がけです。
・患者様(ご家族)との関係をしっかりつくる
・患者様(ご家族)への丁寧な説明をする
・患者様(ご家族)にわかる言葉で話す
・根拠に基づいたケアを実践する
・セルフケア(自己管理・体調管理)の重要性を認識する
・日頃から倫理的な行動をとるように心がける
・エラーが発生しても非難しないようにする

しかしながら、万が一事故が生じてしまったときは、困ったら人を呼ぶこと、事故に対する対処と医療継続、安易な自己判断をしないこと、迅速な報告をすることが必要です。
それから、同じ間違いを繰り返さないように、インシデントレポートの作成・報告と行い、他職種の観点で分析・対策を協議することも必要になってきます。

このように、ヒューマンエラーを防ぐためには、1つ1つの段階を確実にこなすことが重要です。


ー診療部長 岡嶋 泰
posted by IYUKAI at 09:18| 医師のページ | 更新情報をチェックする

2018年07月02日

新任医師のご紹介

本年4月から着任しました、医師の中坊と申します。

大学病院で研修し、その後地域基幹病院で勤務していましたが、より患者様に寄り添った医療をしたく当院に就職いたしました。

積極的な医療も必要ですが、なかなか患者様への気持ちの寄り添いができなくなることが出てきます。そのため、より患者様に寄り添って思いやりをもてる医療を当院で行っていきたいと思っています。

高齢化社会に伴って医療や介護は大きく変化しつつありますが、その中でもただ生きるのではなく、健康で楽しく過ごせるような医療を提供できればと思っています。また、人間は誰しも死を迎える時はきますが、その際も苦痛なく迎えることができるよう、可能な限りお手伝いしたいと思っています。

至らないことも多いかと思いますが、できる限り皆様に寄り添いつつ医療ができればと存じます。
よろしくお願いいたします。


-医師 中坊 麻利
posted by IYUKAI at 00:00| 医師のページ | 更新情報をチェックする

2015年12月10日

これからの明石病院のあり方について

ここ明石病院では、糖尿病、高脂血症、高血圧症などの生活習慣病を中心として、その専門性を活用した診断を行っております。


今やこれは、時代とともに増加するメタボリックシンドロームを特徴としたものであり、各いろいろな合併症が併発しているのが現状であります。当院では、このような症状を適正にその専門性に特化した治療をしております。

また、高齢者人口が急増するなかで、医療と介護の垣根をなくして、円滑な診療体制を保持することが、肝要と考えております。
当院では、病床における一般病棟の内、一部地域包括ケア病床として稼働しています。

また、外来も各専門医による分担がされており、その道の臨床体験から患者様に対しての思いやりが提供されております。
最近では、血管外科、特に動脈瘤などが増加していますが、これらに対しても、随時アドバイスをしております。

自分の健康は自分で守るのが最も大切でありますが、当院では、その一助を届けたいと思う次第であります。


ー院長(岡田)
posted by IYUKAI at 00:00| 医師のページ | 更新情報をチェックする