2014年02月16日

訪問リハビリを行っています

こんにちは、訪問リハビリを担当している理学療法士の村崎です。
私たち明石病院では去る2013年11月より訪問リハビリテーションを開始しました。これにより私自身も訪問リハビリ担当セラピストとして利用者様のご自宅や居住系施設に訪問するようになりました。

ご自宅には、病院や老人保健施設等とは違ってリハビリに使用する器具や道具等はありません。しかし、そこにはご利用者様の“生活”が存在します。そこで生じている問題点や課題を解決し、安心・安全な在宅生活を送るお手伝いをわれわれ訪問リハビリが担うものと考えています。

病院に入院している間にリハビリの効果によってしっかり立ち上がり歩けるまで回復したが、家に帰ったら上手く出来なくなったといったことはよくあります。その理由としては色々なことが考えられます。例えば、普段使用しているソファーの座面が低くて柔らかい、自宅内に毛足の長い絨毯が敷かれているなど住環境の問題があるかもしれません。また、入院中は頑張っていた運動も、やる気はあっても自宅に帰るとなかなか実行できずに筋力低下や持久力が低下してしまうようなことは多々あります。

この様な問題に対して、私たちセラピストがご自宅に定期的に訪問し、環境の調整を行いながら、筋力や体力の向上を狙ったリハビリを実施することで、皆様の生活が少しでもより良いものになるようお手伝いさせていただければと考えています。

-リハビリテーション科科長代理(村崎)



posted by IYUKAI at 18:28| リハスタッフのページ | 更新情報をチェックする

2013年10月05日

PT実習生の受け入れ

明石病院ではリハビリテーション科の充実に伴いPT・OT等の実習生を受け入れていく方針です。今年度の実習生のなかから大阪医療福祉専門学校の上念君の実習を終えての感想文を紹介します。来春卒業して資格取得の予定ですが、明石病院での実習経験を生かして良い理学療法士に育ってくれれば幸いです。

― リハビリテーション科科長(上野)


★実習感想文
 大阪医療福祉専門学校 理学療法士学科 上念 三朗

7月29日から9月20日まで、Ⅲ期臨床実習で8週間、担当患者様の評価・治療に携わらせて頂き、大変お世話になりました。

今回の実習で一番学んだことは「自宅復帰には医療と福祉の連携が重要である」ということです。患者様の退院に向けて、立ち上がりや歩行といった日常生活動作能力の維持・獲得が達成できるよう理学療法士は治療・評価を行いますが、基本動作の獲得だけでは自宅復帰はできません。福祉との連携を取ることで家屋構造や家族構成、本人様の性格を情報として取得することで、患者様の生活背景を考慮した最適な評価・治療を行うことができます。介護保険や身体障害者手帳を取得された方であれば退院後にどのようなサービスが受けられるかといった知識も必要で、福祉との連携を取り、退院後の生活まで予測することが理学療法士として重要であることを学びました。

明石病院では自宅復帰後の生活を想定したリハビリが行える環境であり、地域との連携を強化することで患者様が安心してご自宅で生活が送れるよう、最善を尽くしたサービスの提供をする病院であると感じました
posted by IYUKAI at 13:11| リハスタッフのページ | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。