2021年02月01日

院長の執筆書籍「ドイツと私」のご案内

当院の院長 岡田の専門は心臓血管外科。
心臓血管外科の領域において、昭和から平成にかけ、世界に先駆けた研究開発を行ってきました。医学の発展の歴史に残る業績を修めたとして、世界から高く評価されている人物でもあります。

岡田院長は、ドイツへの国費留学をはじめ、ドイツ外科学会に毎年出席するなど、長年ドイツ医学と関わってきました。
「ドイツと私」は、彼自身のドイツでの経験やドイツとの繋がりを通じて、ドイツの文化や医学の歴史に触れられる1冊です。ぜひ、ご一読ください。

ドイツと私.jpg

ドイツと私 Deutschland und Ich
岡田 昌義 著

amazonでKindle版をお買い求めいただけます。


【岡田 昌義 プロフィール】
昭和36年 神戸大学医学部 卒業
昭和41年 神戸大学博士課程(外科学専攻)修了 医学博士授与
ドイツのハイデルベルグ大学(外科学教室)に国費留学(DAAD, Humboldt)し、特に心臓血管外科を研鑽
この間、神戸大学医学部第二外科の講師、助教授、教授を歴任
平成11年 神戸大学医学部教授(第二外科講座)を定年にて退官
兵庫大学健康科学部教授などを経て、平成27年5月13日から医療法人愛友会 明石病院 院長
posted by IYUKAI at 12:50| 医師のページ | 更新情報をチェックする