2020年06月02日

心臓血管病の症状と治療方法について

世界一を誇る長寿国の日本での3大死因は、
1位:悪性腫瘍
2位:心臓血管病
3位:肺炎
です。
今回は狭心症や心筋梗塞などの「心臓血管内」の内、4つの症状と治療方法について紹介します。

①狭心症の発作(締め付けられるような胸の痛みなどの症状)
最近では診断後冠動脈血管拡張術(PCI)が行われ、必要であれば外科的に冠動脈バイパス術が行われます。現在では、PCI時にステントの内挿術が行われますが、これにはあらかじめ抗血栓性の薬剤が附加されており、長時間の開存が期待されています。その結果、再狭窄率が10~20%と低下しています。

②心臓のリズム異常
急に心拍数が減少し失神発作に見舞われ心拍数が40~50台となることがありますが、洞房ブロックや房室ブロックなどが原因で、心臓ペースメーカーの植え込みで対応します。

③何らかの原因による心臓停止
AEDによる除細動を急いで行います。心臓が止まってから1分経過するごとに救命率が10%低下しますので、心臓が止まってから4分の間に心臓を動かさないと救命はできません。119番に電話し、その間に心臓マッサージを1分間に100回行います。

④末梢動脈硬化症(手や足の血管の詰まりが原因で、しびれや痛みなどが発生)
糖尿病や脂質異常症など食事が関与しているため、食事での治療を開始します。緊急の場合は末梢動脈の血栓除去術を行います。

院長 岡田 昌義
posted by IYUKAI at 00:00| 健康情報のページ | 更新情報をチェックする