2017年09月06日

ふれあい看護体験

8月9日、昨年に引き続き「ふれあい看護体験」を開催しました。
今年は、看護師を目指す高校生3名に制服に着替えて参加していただきました。

DSC02716.JPG

台風一過の猛暑の中での参加で、並々ならぬ意欲が感じられ、お迎えする側もうれしく思いました。


まず、高齢社会で看護師を必要とされる分野が拡がり、今後ますます社会から期待される職業であることや、体験上の注意点についてお話しました。
次に、外来で手洗い実践後、聴診器を使って呼吸音・心音の聴取や検脈・血圧測定を行いました。
病棟では、昼食準備の時間帯から体験していただきました。

P1060904.JPG

今年はマンツーマンで受け持ち看護師の仕事を見学体験していただきました。
短時間にもかかわらず、終了後のアンケートでは、しっかり観察されていたことがうかがえました。
「大変な仕事ではあるが、やりがいもある。看護師になりたい。」「有意義な時間だった。」と答えられ、ますます看護師になりたいという気持ちを強くされたようでした。

私達の後輩になられるであろう3名の高校生に心からのエールを送りたいと思います。
posted by IYUKAI at 00:00| 看護スタッフのページ | 更新情報をチェックする