2015年12月10日

これからの明石病院のあり方について

ここ明石病院では、糖尿病、高脂血症、高血圧症などの生活習慣病を中心として、その専門性を活用した診断を行っております。


今やこれは、時代とともに増加するメタボリックシンドロームを特徴としたものであり、各いろいろな合併症が併発しているのが現状であります。当院では、このような症状を適正にその専門性に特化した治療をしております。

また、高齢者人口が急増するなかで、医療と介護の垣根をなくして、円滑な診療体制を保持することが、肝要と考えております。
当院では、病床における一般病棟の内、一部地域包括ケア病床として稼働しています。

また、外来も各専門医による分担がされており、その道の臨床体験から患者様に対しての思いやりが提供されております。
最近では、血管外科、特に動脈瘤などが増加していますが、これらに対しても、随時アドバイスをしております。

自分の健康は自分で守るのが最も大切でありますが、当院では、その一助を届けたいと思う次第であります。


ー院長(岡田)
posted by IYUKAI at 00:00| 医師のページ | 更新情報をチェックする