2013年05月15日

2013年度に看護部が目指すこと

看護部長の山﨑です。当院看護部では病院のスローガンである「確かな医療、まごころこめて」の具体的実践において、特に“まごころをこめる”という点に毎年努力しています。具体的には患者さん・ご家族、業者さん、院内で働くスタッフや同僚すべてを顧客と考え、「相手を大切に思う気持ちを言葉や態度で表現すること」を心がけるように指導しています。
私達看護部のこのような実践を通じて、地域住民の皆様に信頼され、かかりやすい、身近な病院として親しんでいただければそれに勝る幸せはありません。

今年度の取り組みについて一部を紹介させて頂きますと、まず第一の目標は、患者さま・ご家族と良好な関係を築くことです。
①定期的にスタッフの接遇について自己評価・他者評価を行い接遇の向上(挨拶・身だしなみ・言葉使い)に努めます。
②入院時に各病棟師長は患者様・ご家族に自己紹介を行い、何か問題があれば窓口として早期に対応することを説明します。
①ご家族の面会時等には当日の受け持ちスタッフからご家族へ声かけを行い、入院生活における問題が無いか確認します。問題があれば医師や師長と相談の上速やかに対応させていただきます。

次に、専門職としての研鑽を続けるとともに、患者様を中心としたチームアプローチの実践に向けた取り組みを挙げています。
今春、当院では特に理学療法士や作業療法士などのリハビリスタッフが強化され、リハビリテーションを目的にした入院患者様が増えてきました。入院生活においても全介助から患者様の残存する機能を発揮できる援助へとケアの方向性も変化しています。リハビリの継続によって住みやすく慣れ親しんだこの地域の中で生活できる可能性も拡大することでしょう。
患者様・ご家族と同じゴール目標に立ち、入院目的に応じたサポートを医師やリハビリスタッフ、その他専門職とともにチームで支援できるように頑張って参ります。

今年度も皆様方お一人、お一人に私達の“まごごろ”をお届けできるように努力を続ける所存ですので、どうか宜しくお願いいたします。

―看護部長(山崎)
posted by IYUKAI at 21:04| 各部門管理者のページ | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。