2021年01月12日

外来担当より 肺炎球菌ワクチンのお知らせ

当院では、外来受診される患者様の安心・安全を考え、相談しやすい雰囲気づくりを心がけるとともに、医師や多職種との連携を図り、待ち時間の短縮と迅速・丁寧な対応に努めています。
 
肺炎球菌の予防接種についてご案内します。
肺炎球菌は細菌の一種で、体力が落ちている時や、高齢になって免疫力が弱まってくると感染しやすくなります。
肺炎球菌が引き起こす主な病気には、肺炎・気管支炎・副鼻腔炎などの呼吸器感染症や中耳炎、髄膜炎などがあります。このような病気を予防するためのワクチンが肺炎球菌ワクチンです。
65歳以上の方に接種票が送られ、1回目の接種のみ公費の助成があります。この機会に、肺炎球菌ワクチン(ニューモバックス®NP)の接種を考えてみてはいかがでしょうか。

<令和2年度 高齢者肺炎球菌予防接種対象者>
令和2年4月1日~令和3年3月31日に下記の年齢になる方が対象です。
・65歳
・70歳
・75歳
・80歳
・85歳
・90歳
・95歳
・100歳
・60~64歳になる方で、心臓・腎臓・呼吸器の機能に重度な障害のある方、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)により免疫機能に障害のある方
 
当院ではその他にも、超音波(エコー)検査、胃カメラ、各種健診、半日ドック、各種予防接種を取り扱っています。
お気軽にご利用ください。


-患者ケア部 外来長代理 木村 淳子 (看護師)
posted by IYUKAI at 09:16| 健康情報のページ | 更新情報をチェックする

2021年01月04日

新型コロナウイルスワクチンについて

新型コロナウイルス感染症が発生して約1年。未だに収まる気配がない。
世界の新型コロナに対するワクチンの開発状況をみると、mRNA、ウイルスベクター、組み換えタンパク、DNA、不活化ワクチン等を利用したものが進められている。また、ヒトに対しての治験が既に30余り行われている。

ところで、季節性インフルエンザワクチンは発病阻止率が34~55%となっており、新型コロナウイルスワクチンについてもこれくらいの効果が求められる。

ワクチンの安全性については、発熱・発疹・腫脹等の一般的な副作用を別として、ADE(抗体依性感染増強)現象が気になる。
本来、ウイルスから身体を守る抗体が、免疫細胞等へのウイルス感染を促進させ、免疫細胞が暴走するサイトカインストームによる重篤な症状を引き起こすこともあるためだ。

自身のワクチン接種を考えた場合に多少の不安はあるが、ワクチンによりパンデミックを抑えていこうとする作業は正しい方向であり、その作業に参画することは必要と考える。


-総合診療科 部長 田中 善八 (医師)
posted by IYUKAI at 08:35| 医師のページ | 更新情報をチェックする