2020年06月29日

明石病院 院内オンライン面会サービスのご案内

当院では、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、2020年4月13日より、入院患者様の面会を禁止しています。
長期間にわたる面会禁止の代替えとして、院内オンライン面会(ビデオ通話)のサービスを「予約制」でご利用いただけることとなりました。
院内オンライン面会とは、Skype(スカイプ)を利用し、入院患者様とご家族様との間で、タブレット端末を通してビデオ通話(テレビ電話)ができるシステムです。

ご利用を希望される方は、下記の利用条件等をご了承の上、お申し込みください。

■面会内容
当院のタブレット端末を使用し、病室の患者様と病院に来院いただいたご家族様が面会をしていただけます。
※事前予約が必要です。

■面会時間
院内オンライン面会の時間帯は、平日(土・日・祝日を除く)の16:00~17:00です。

■予約方法
平日(土・日・祝日を除く)の8:30~17:00に、お電話もしくは受付にて「オンライン面会希望」の旨をお伝えください。
ご希望の日時を調整させていただきます。
※予約の受付は、ご希望日の前日から1週間前までとさせていただきます。
※1日の予約枠には限りがありますので、ご希望に添えない場合もあります。
※多くの方にご利用いただくため、1週間に2回までとさせていただきます。

■利用条件
①院内オンライン面会は予約制です。
 希望者が多い場合は、利用回数等を勘案し、当院で調整させていただくことがあります。
②1回のビデオ通話は10分以内です。
③対象は、入院患者様のご家族様に限らせていただきます。
④予約された時間までに来院ください。
⑤当院のタブレット端末を利用していただきます。利用アプリはSkype(スカイプ)(無料)です。

■注意事項
①院内オンライン面会は、事情により個室以外の場所の場合もありますので、あらかじめご了承ください。
②患者様の体調や希望によってお断りする場合があります。


【お問い合わせ・ご予約】
医療法人愛友会 明石病院
医事課
電話:075-313-1453
受付時間:8:30~17:00
posted by IYUKAI at 00:00| 病院全般のページ | 更新情報をチェックする

2020年06月02日

心臓血管病の症状と治療方法について

世界一を誇る長寿国の日本での3大死因は、
1位:悪性腫瘍
2位:心臓血管病
3位:肺炎
です。
今回は狭心症や心筋梗塞などの「心臓血管内」の内、4つの症状と治療方法について紹介します。

①狭心症の発作(締め付けられるような胸の痛みなどの症状)
最近では診断後冠動脈血管拡張術(PCI)が行われ、必要であれば外科的に冠動脈バイパス術が行われます。現在では、PCI時にステントの内挿術が行われますが、これにはあらかじめ抗血栓性の薬剤が附加されており、長時間の開存が期待されています。その結果、再狭窄率が10~20%と低下しています。

②心臓のリズム異常
急に心拍数が減少し失神発作に見舞われ心拍数が40~50台となることがありますが、洞房ブロックや房室ブロックなどが原因で、心臓ペースメーカーの植え込みで対応します。

③何らかの原因による心臓停止
AEDによる除細動を急いで行います。心臓が止まってから1分経過するごとに救命率が10%低下しますので、心臓が止まってから4分の間に心臓を動かさないと救命はできません。119番に電話し、その間に心臓マッサージを1分間に100回行います。

④末梢動脈硬化症(手や足の血管の詰まりが原因で、しびれや痛みなどが発生)
糖尿病や脂質異常症など食事が関与しているため、食事での治療を開始します。緊急の場合は末梢動脈の血栓除去術を行います。

院長 岡田 昌義
posted by IYUKAI at 00:00| 健康情報のページ | 更新情報をチェックする