2020年05月21日

言語聴覚士が行うリハビリテーション

当院では、言語聴覚士2名体制で、成人を対象に、主に「話す」「食べる」に関わるリハビリを行っています。
近年は、高齢化の影響もあり、嚥下障害や誤嚥性肺炎など「食べる」ことに何らかの問題を抱えた方が増加しています。
訓練がなかなか上手く進まないケースもありますが、誤嚥性肺炎を起こさず再び口から摂取できるよう目指して、日々、患者様とリハビリに取り組んでいます。ここでは、言語聴覚士が行うリハビリテーションをご紹介します。

言語聴覚士.JPG

言語聴覚士(ST:Speech-Language-Hearing Therapist)は、病気や生まれつきの障害などにより、話すことや聞くことに不自由がある人に対して、コミュニケーションの回復を支援する仕事です。
また、言語や聴覚だけでなく、食べることや飲み込むことが難しい方も言語聴覚士が行うリハビリテーションの対象になります。つまり、言語聴覚士が行うリハビリは「話す」「食べる」「聞く」を支援することです。

コミュニケーションの問題には、呂律が回らない(構音障害)、言葉がうまく分からない(失語症)、声が出せない(音声障害)、注意や判断が落ちるなど(高次脳機能障害)があります。
その原因は、脳卒中や交通事故などに伴う脳挫傷などの脳損傷、職業上声を使いすぎるなどの環境的問題、生まれつきの発達の問題など様々です。そのような問題に対し、評価・訓練を行います。

また、脳卒中などにより生じた摂食(食べる)・嚥下(飲みこむ)障害のある入院患者様を対象に、摂食嚥下訓練を行います。
その方の状態や能力に合わせた方法でアプローチし、低下している部位のトレーニングや、姿勢や食物形態の工夫などを行うことによって、より安全においしく食事ができるように、医師、管理栄養士、看護師などと共にチームで対応しております。


リハビリテーション2F 病棟リーダー
言語聴覚士
益川 慎平
posted by IYUKAI at 00:00| リハスタッフのページ | 更新情報をチェックする

2020年05月11日

新型コロナウイルス感染症対策 ~外来待合ソファー~

新型コロナウイルス感染症予防のため、当院の待合ソファーは、外来患者様に一定の間隔を空けて利用いただいています。

待合.jpeg

ソファーには啓発ポスターを貼付していますが、区役所の許可をいただき、当院のある京都市下京区のマスコットキャラクター「シモンちゃん」を起用させていただきました。

シモンちゃんの紹介をさせていただきます。

名前:しもぎょう シモン
性別:男性
誕生日:1999年7月4日

下京区が誕生した明治12年(1879年)の文明開化の時代に想いをめぐらせ,シルクハットに燕尾服のスタイルです。
頭の「緑」は,梅小路公園やお寺の自然,「赤」は繁華街や観光地のにぎわい,「青」は鴨川や高瀬川の水,を表現しているそうです。

※下京区役所ホームページより
https://www.city.kyoto.lg.jp/shimogyo/page/0000220615.html


シモンちゃん.jpeg
posted by IYUKAI at 10:00| 病院全般のページ | 更新情報をチェックする