2020年01月18日

花粉症について

スギやヒノキ等の花粉が鼻の粘膜や目の結膜に付着すると、花粉アレルギーのある人にアレルギー反応を起こします。透明のさらっとした鼻水、鼻づまり、くしゃみ、目のかゆみなどが花粉症の主な症状です。症状がひどいと不眠や体調不良の原因になります。

関西ではスギ花粉は1月中旬より飛び始め、2月から3月にかけてピークが来ますので、1月からアレルギー性鼻炎の薬を飲んでおくと花粉症を軽く抑えることができます。症状のひどい人は、点鼻薬や点眼薬も併用します。

また、花粉を避けることも必要です。マスクやメガネ・専用ゴーグルなどで花粉を防ぎます。花粉を家に持ち込まないように、玄関前で服についた花粉を払い落としてから室内に入ります。コートなど一番上に着るものは、花粉のつきにくい素材を選びます。うがいや洗顔で花粉を洗い流します。室外で布団を干すと付いた花粉を寝室へ持ち込むことになります。
その他には、バランスの良い食事や適度な運動で自立神経のバランスを整えることも必要です。

-診療部長 岡嶋 泰 (医師)
posted by IYUKAI at 09:31| 健康情報のページ | 更新情報をチェックする

2020年01月03日

地震・風水害避難訓練

11月27日に地震・風水害避難訓練を実施しました。

地震対応は、処置室で点滴を受けていた患者様が地震によりベッドから転倒し、倒れてきたキャビネット等で身動きが取れなくなる想定のもと、職員が患者様を救出する訓練です。
倒れたキャビネット等を取り除いて患者様をベッドに運び、看護師1名はバイタル測定を実施、もう1名の看護師は内線で医師の診察を手配しました。

DSC00177.JPG


風水害対応は、記録的な大雨により、3時間後に桂川と鴨川が氾濫するという想定の避難訓練です。
医事課内に自衛水防対策本部を設置し、各担当者がテレビやインターネットからの情報、屋上からの目視で状況を把握し、館内放送を用いて浸水が迫っていることと、担当職員の召集を伝えました。
その後、統括管理者の指示に従い、職員が1階にいた外来患者様と健診受診者様を5階に誘導。また、空きベッドとストレッチャーを用いて、2階の入院患者様を3階と4階に避難させました。
浸水を防ぐために、病院の入口各所には土のうも積み上げました。

DSC00207.JPG


近年は異常気象による大規模災害が起こっていますが、もしものときに備えて日頃から準備しておきたいと考えています。

posted by IYUKAI at 00:00| 病院全般のページ | 更新情報をチェックする