2019年01月23日

デイケアに筋力トレーニングマシン導入

平成30年12月、デイケアにトレーニングマシンを導入しました。

短時間デイケアを実施していく中で、効率的に日常生活に必要な筋力を強化するのに役立っています。また、自らの体を動かさなければトレーニングが進まないため、普段体を動かすことの少ない高齢者の方にとっては良い機会となっています。

トレーニングマシンは負荷を19段階に変えられるもので、負荷を微調整しながらより高い目標に向かって長期の継続した訓練を行うことに適しています。実際にトレーニングを4カ月間実施したところ、何事も消極的であった利用者の方が、目標を持ち、負荷を少しずつ上げてトレーニングしたことにより、非常に元気になった来られました。


ここで、トレーニングマシンと鍛えられる部位の紹介をさせていただきます。

明石病院デイケアトレーニングマシン.png

①チェストプレス/ロー:胸・背中
②レッグエクステンション/カール:太ももの前後
③レッグプレス:お尻・太ももの全部
④アブダクション/アダクション:太ももの内側と外側及び股関節周囲


マシン以外にも健康状態の確認、専門のスタッフによる専門的な指導や相談、体操前のホットパック、集団体操、平行棒を用いた歩行訓練・バランス訓練、利用者毎に最適なプログラムを盛り込んだ自主トレーニング、エルゴサイザー(自転車こぎ)などを行っています。


デイケアに興味のある方は、当院スタッフまでお尋ねください。
posted by IYUKAI at 00:00| 在宅医療のページ | 更新情報をチェックする