2015年11月17日

チーム医療推進委員会

当院のような軽度急性・亜急性期や慢性期の医療を担う病院ではチーム医療が重要になりますが、本年5月より「チーム医療推進委員会」を開始し、どのようにして多職種連携の医療やケアを推進していくのかを検討しています。

当院ではリハビリのセラピスト(PT・OT・ST)を病棟ごとの配置にしています。多くの病院では一人一人のセラピストは複数の病棟を移動しつつ患者様を担当することが多いですが、それを病棟単位で固定していこうというものです。個々のセラピストは一つの病棟の患者様だけにリハビリをするので、看護師はじめ他の職種との意思疎通が行ないやすくなります。

このような体制をとっていることから、チーム医療推進委員会のメンバーとして、まずは各病棟の看護師のリーダーと各病棟のセラピストのリーダー、MSW(医療ソーシャルワーカー)、そして事務職が中心に集まって議論を進めています。

委員会での検討内容は、看護師とセラピスト共同の申し送りやカンファレンスの検討、各職種の情報共有を進めるためのカルテや各種書類の記載方法と置き場所、各職種の動きが調和するように諸々の約束事を決めていく・・・等々です。

最初のうちは各職種の間にはギャップがありました。複数の専門職が一緒に仕事を進める場合、どうしても自分達のやり方や自分たちの都合が基準になり、「相手が聞きに来てくれたらこちらの情報を教えてあげる」「そもそも自分達のやり方はこういうやり方なので変えることは難しい」などです。お互いが自分たちの基準だけで物事を考えていれば多職種協働は進みません。

しかし数か月にわたって議論を繰り返すうちに、少しづつ相互理解が進んできました。違う職種である相手の考え方、相手の仕事の進め方、相手の事情が分かり始めてきたからです。お互いが歩み寄りながら共通の約束事を決めていくことが少しづつですが進みだしました。

本当の多職種協働体制を構築するのは簡単なことではなく時間と手間がかかります。まだまだこれからですが長い目で続ける必要があると思っています。

ー 理事長(明石)




posted by IYUKAI at 09:21| 経営者のページ | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。