2015年11月17日

チーム医療推進委員会

当院のような軽度急性・亜急性期や慢性期の医療を担う病院ではチーム医療が重要になりますが、本年5月より「チーム医療推進委員会」を開始し、どのようにして多職種連携の医療やケアを推進していくのかを検討しています。

当院ではリハビリのセラピスト(PT・OT・ST)を病棟ごとの配置にしています。多くの病院では一人一人のセラピストは複数の病棟を移動しつつ患者様を担当することが多いですが、それを病棟単位で固定していこうというものです。個々のセラピストは一つの病棟の患者様だけにリハビリをするので、看護師はじめ他の職種との意思疎通が行ないやすくなります。

このような体制をとっていることから、チーム医療推進委員会のメンバーとして、まずは各病棟の看護師のリーダーと各病棟のセラピストのリーダー、MSW(医療ソーシャルワーカー)、そして事務職が中心に集まって議論を進めています。

委員会での検討内容は、看護師とセラピスト共同の申し送りやカンファレンスの検討、各職種の情報共有を進めるためのカルテや各種書類の記載方法と置き場所、各職種の動きが調和するように諸々の約束事を決めていく・・・等々です。

最初のうちは各職種の間にはギャップがありました。複数の専門職が一緒に仕事を進める場合、どうしても自分達のやり方や自分たちの都合が基準になり、「相手が聞きに来てくれたらこちらの情報を教えてあげる」「そもそも自分達のやり方はこういうやり方なので変えることは難しい」などです。お互いが自分たちの基準だけで物事を考えていれば多職種協働は進みません。

しかし数か月にわたって議論を繰り返すうちに、少しづつ相互理解が進んできました。違う職種である相手の考え方、相手の仕事の進め方、相手の事情が分かり始めてきたからです。お互いが歩み寄りながら共通の約束事を決めていくことが少しづつですが進みだしました。

本当の多職種協働体制を構築するのは簡単なことではなく時間と手間がかかります。まだまだこれからですが長い目で続ける必要があると思っています。

ー 理事長(明石)


posted by IYUKAI at 09:21| 経営者のページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月16日

訪問リハビリを行っています

こんにちは、訪問リハビリを担当している理学療法士の村崎です。
私たち明石病院では去る2013年11月より訪問リハビリテーションを開始しました。これにより私自身も訪問リハビリ担当セラピストとして利用者様のご自宅や居住系施設に訪問するようになりました。

ご自宅には、病院や老人保健施設等とは違ってリハビリに使用する器具や道具等はありません。しかし、そこにはご利用者様の“生活”が存在します。そこで生じている問題点や課題を解決し、安心・安全な在宅生活を送るお手伝いをわれわれ訪問リハビリが担うものと考えています。

病院に入院している間にリハビリの効果によってしっかり立ち上がり歩けるまで回復したが、家に帰ったら上手く出来なくなったといったことはよくあります。その理由としては色々なことが考えられます。例えば、普段使用しているソファーの座面が低くて柔らかい、自宅内に毛足の長い絨毯が敷かれているなど住環境の問題があるかもしれません。また、入院中は頑張っていた運動も、やる気はあっても自宅に帰るとなかなか実行できずに筋力低下や持久力が低下してしまうようなことは多々あります。

この様な問題に対して、私たちセラピストがご自宅に定期的に訪問し、環境の調整を行いながら、筋力や体力の向上を狙ったリハビリを実施することで、皆様の生活が少しでもより良いものになるようお手伝いさせていただければと考えています。

−リハビリテーション科科長代理(村崎)

posted by IYUKAI at 18:28| リハスタッフのページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月05日

PT実習生の受け入れ

明石病院ではリハビリテーション科の充実に伴いPT・OT等の実習生を受け入れていく方針です。今年度の実習生のなかから大阪医療福祉専門学校の上念君の実習を終えての感想文を紹介します。来春卒業して資格取得の予定ですが、明石病院での実習経験を生かして良い理学療法士に育ってくれれば幸いです。

― リハビリテーション科科長(上野)


★実習感想文
 大阪医療福祉専門学校 理学療法士学科 上念 三朗

7月29日から9月20日まで、V期臨床実習で8週間、担当患者様の評価・治療に携わらせて頂き、大変お世話になりました。

今回の実習で一番学んだことは「自宅復帰には医療と福祉の連携が重要である」ということです。患者様の退院に向けて、立ち上がりや歩行といった日常生活動作能力の維持・獲得が達成できるよう理学療法士は治療・評価を行いますが、基本動作の獲得だけでは自宅復帰はできません。福祉との連携を取ることで家屋構造や家族構成、本人様の性格を情報として取得することで、患者様の生活背景を考慮した最適な評価・治療を行うことができます。介護保険や身体障害者手帳を取得された方であれば退院後にどのようなサービスが受けられるかといった知識も必要で、福祉との連携を取り、退院後の生活まで予測することが理学療法士として重要であることを学びました。

明石病院では自宅復帰後の生活を想定したリハビリが行える環境であり、地域との連携を強化することで患者様が安心してご自宅で生活が送れるよう、最善を尽くしたサービスの提供をする病院であると感じました
posted by IYUKAI at 13:11| リハスタッフのページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月05日

夏祭り開催しました!

2012年7月5日にリハビリ室で七夕にちなんで夏祭りを開催しました。当院のリハビリテーション科、看護部、サービス向上委員会が中心になって実施しましたが、入院患者様、ご家族様、お世話役の当院職員を合わせ約75名参加いただきました。会場内は患者様と職員が協力して作った折り紙の天の川や提灯、輪かざりなど沢山の飾り付けをしました。さらに女性職員は浴衣を、男性職員は浴衣や法被を着て、七夕の雰囲気作りに力をいれました。

夏祭りは院長の挨拶から始まり、ボランティア団体2組の催し物で約2時間程度行いました。催し物はピアノとうたの音楽広場(京都市内のボランティア団体)と、大道芸(当院職員の家族が所属する大道芸ボランティア)を楽しんで頂きました。

うた.JPG

ピアノとうたの音楽広場では季節の歌、唱歌、童謡などキーボードに合わせて合唱されましたが、懐かしく当時の事を思い出され感極まって涙を流される方もおられました。また、患者様がリクエストされた歌も即興で演奏するサプライズもありました。

皿回し.JPG

大道芸では、皿回し、バルーンアート南京玉すだれを披露して頂きました。皿回しでは患者様だけでなくご家族様にも参加して頂き大いに盛り上がりました。バルーンアートでは動物や果物、花などを作り、病室に飾れるよう患者様にプレゼントされました。南京玉すだれは、ボランティアの方が少してこずる一面もあり、会場は大喝采でした。大道芸を初めて見る方も多く、音楽に合わせて手拍子されたり、大盛況でした。笑いあり涙ありであっという間に楽しい時間が過ぎ沢山の患者様と家族様、職員の笑顔が当院で華開きました。

終了後、また開催してほしいとのお声を沢山いただききました。今後も患者様やご家族様、さらに地域のみなさまに喜んでいただける行事を開催できればと思っています。

-リハビリテーション科(船越)
posted by IYUKAI at 11:15| 病院全般のページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月15日

2013年度の医療技術部の目標

2013年2月より医療技術部長に就任しております鍵井一浩と申します。
医療技術部は、薬剤師、臨床検査技師、放射線技師、管理栄養士、理学療法士、作業療法士など、コメディカルと呼ばれる職種が集まる部門です。
また、私は現在、理学療法士、介護支援専門員、社会福祉士、精神保健福祉士の資格を取得しており、医療分野と社会福祉分野の幅広い視点から良質の医療サービスが提供できることを目指しています。

近年、医療機関においては「在院日数の短縮化」「機能特化」「連携」が重要なテーマとなっており、個々の医療機関がそれぞれの機能を明示して有機的に連携することが求められてきています。しかし、現在の保健・医療・福祉の連携においては、急性期の医療機関で立てた目標を回復期・維持期の医療機関・福祉施設や在宅でも継続できているのか、連携は十分に取れているのか、まだまだ課題は存在します。

これまでのように、一つの医療機関で医療が完結する時代ではなく、各病期の医療機関が医療と福祉を提供しながら重複関係をより少なくし、治療開始から終了まで一連の連携をスムーズに行う必要があります。また、これらを実現するためには「地域ぐるみ」で完結して行くことを目指さなければなりません。

そのために、医療技術部としても「地域の皆様とパートナーシップを形成できるよう、確かな技術と安心を提供できること」を目指してまいります。今後、地域の皆様のところに出かけたり、皆様のニーズを教えていただいたりという機会を増やしたいと思っています。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

−医療技術部長(鍵井)
posted by IYUKAI at 21:09| 各部門管理者のページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年度に看護部が目指すこと

看護部長の山アです。当院看護部では病院のスローガンである「確かな医療、まごころこめて」の具体的実践において、特に“まごころをこめる”という点に毎年努力しています。具体的には患者さん・ご家族、業者さん、院内で働くスタッフや同僚すべてを顧客と考え、「相手を大切に思う気持ちを言葉や態度で表現すること」を心がけるように指導しています。
私達看護部のこのような実践を通じて、地域住民の皆様に信頼され、かかりやすい、身近な病院として親しんでいただければそれに勝る幸せはありません。

今年度の取り組みについて一部を紹介させて頂きますと、まず第一の目標は、患者さま・ご家族と良好な関係を築くことです。
@定期的にスタッフの接遇について自己評価・他者評価を行い接遇の向上(挨拶・身だしなみ・言葉使い)に努めます。
A入院時に各病棟師長は患者様・ご家族に自己紹介を行い、何か問題があれば窓口として早期に対応することを説明します。
@ご家族の面会時等には当日の受け持ちスタッフからご家族へ声かけを行い、入院生活における問題が無いか確認します。問題があれば医師や師長と相談の上速やかに対応させていただきます。

次に、専門職としての研鑽を続けるとともに、患者様を中心としたチームアプローチの実践に向けた取り組みを挙げています。
今春、当院では特に理学療法士や作業療法士などのリハビリスタッフが強化され、リハビリテーションを目的にした入院患者様が増えてきました。入院生活においても全介助から患者様の残存する機能を発揮できる援助へとケアの方向性も変化しています。リハビリの継続によって住みやすく慣れ親しんだこの地域の中で生活できる可能性も拡大することでしょう。
患者様・ご家族と同じゴール目標に立ち、入院目的に応じたサポートを医師やリハビリスタッフ、その他専門職とともにチームで支援できるように頑張って参ります。

今年度も皆様方お一人、お一人に私達の“まごごろ”をお届けできるように努力を続ける所存ですので、どうか宜しくお願いいたします。

―看護部長(山崎)
posted by IYUKAI at 21:04| 各部門管理者のページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛友会明石病院が目指すもの

近年、医療界では「機能分化と連携」や「施設完結型から地域完結型へ」といった言葉が普及してきました。それぞれの医療機関が地域での役割や医療機能を明確にするとともに、他の医療機関や施設等と連携を密にしながら包括的な医療を提供していく、地域医療はこのような方向に進んでます。

他の医療機関等と連携して医療を提供するために、まず最初にやらなければならないことは、「自分たちは何ができるのか、何をやるべきか」を明確にすることです。

愛友会明石病院の役割は、急性期基幹病院はじめ一般急性期病院や慢性期病院、開業医、介護施設、在宅サービス事業者などと連携しながら、亜急性期から慢性期にかけて良質の医療を提供することといえます。
@一般病棟(主に亜急性期)は、急性期病院からの急性期後および地域からの軽度急性期の入院が主になり、療養病棟(慢性期)は、医療必要度が高い慢性疾患が中心になります。
Aまた、一般病棟、療養病棟の双方において患者の身体機能の回復または維持を目指すリハビリテーションを飛躍的に充実させる必要があります。
B加えて、地域包括ケアを提供する一員としての役割を発揮するために、従来からの外来や健診に加えて訪問診療や訪問サービスの充実が求められます。

他の医療機関等と連携しながら医療を提供するために、次にやるべきことは何でしょうか?

それは、「自分たちは何ができるのか、何をやるべきか」について病院内の各職種が共有することです。いいかえれば病院の役割や機能を認識しながら医療チームの具体的な目標にブレークダウンすることになります。
特に亜急性期から慢性期の病院においては、医師、看護師、コメディカル等の多職種がチームを形成して対等に患者に関わらなければ良い医療を提供できません。良質の医療を提供するためには病院内における多職種の目標共有や連携が不可欠であるといっても過言ではありません。

自院のなかで職種間の目標共有や連携ができていなければ、他の施設と良い連携を行うことはできないでしょう。本当のチーム医療を実践しなければ地域医療に十分な貢献はできない、そんな時代はすぐそこまで近づいています。

―理事長(明石)
posted by IYUKAI at 20:51| 経営者のページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月22日

医療従事者の使命は「安心の提供」

医療従事者の使命とは何でしょうか? 医師は疾病の治療、薬剤師は調剤や服薬指導、看護師は療養上の世話と診療介助、それぞれの職種にはそれぞれの使命があります。

しかし、病院で働いている医療従事者に共通の使命があるのではと考えてみました。
それは、「患者さんに安心を提供すること」です。目の前の一人一人の患者さんの気持ちを理解して「疾病や障害、不安、不便、不満」など不都合なことを解消する、あるいは軽減することによって安心し喜んでいただくこと、これがすべての医療従事者に共通の使命です。
このような使命の達成努力によって患者さんの意欲を引き出し、QOLの向上や維持を実現することがすべての医療従事者の役割であるといえるでしょう。

− 理事長(明石)

posted by IYUKAI at 21:59| 経営者のページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月05日

看護部長の年頭メッセージ

年頭にあたって当院の看護部門のスタッフに次のようなメッセージを出しました。
院内向けの言葉ではありますが、参考のために紹介させていただきます。


2012年、新年あけましておめでとうございます。
多くのスタッフの皆様が年末年始にも出勤いただき、患者様のケアを実践していただきました。このように無事に新しい年を迎えられるのも、スタッフ一人一人の働きのお陰様と心より感謝いたします。

2012年は診療報酬と介護報酬の同時改定の年になりますが、医療制度や経済状況の変化に対応しながら、われわれの明石病院が良い医療を継続して提供できるように、先見の目を持って変革を進めていかねばならない年になると思います。規模的には中小病院ではありますが、「キラッと光る病院」へとさらに成長できるよう看護サービスを構築して行きたいと思います。

今年の私のテーマは、
「チャレンジ! ― 嫌われてもみんなのために」 です。

この病院の創設者で初代院長の明石 朗 先生が「西七条に明石病院あり」と人々から言われることを目指しておられましたが、この創設の心を大切にしながら時代や顧客ニーズの変化に対応したサービスを生み出していく、創造と変革の時期を迎えていると思います。そのためには、何といっても病院の中で一番大所帯の看護部がもっと活性化しなければなりません。

なんでも前向きに新しいことを始めようとするときはとても辛くて、しんどくて、くじけそうになることもしばしば… でも頑張った後にふと振り返ってみると自分の成果が見えてきます。そしてその達成感が次のチャレンジや自分の成長を支えてくれることに気付きます。チャンスは皆同様に与えられるのに、そのチャンスを「いいわ、しんどいし・・」と逃してしまう人、チャンスを逃さずにつかみ取る人、いろいろな人がいます。でも、皆さんが自分の人生をより良く生きようと思うなら、この1年勇気を持って私と前に進んでください。

皆さんに、この明石病院で勤務していることを誇りに思っていただけるように、私は嫌われ役になっても頑張るんだと年頭に決意しています。地域の方々に是非行ってみたいと思っていただける明るい病院にするために看護部長として役割を果たす所存です。どこまでやれるかわかりませんが皆さんの協力があれば百人力です。まだまだ未熟ですが、どうぞご支援いただきますようお願いいたします。

―看護部長(山崎)

posted by IYUKAI at 19:59| 各部門管理者のページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月30日

院内看護研究発表会

12月20日に実施した看護研究発表会の紹介です。
今回は次の3題の発表を行いました。
@注入食の粘稠度製剤の使用について(3F病棟)
A胃ろうと気管切開のある患者の在宅介護にむけての援助(4F病棟)
B申し送りの効率化(2F病棟)

3つの発表に対して参加者から色々とコメントが出ましたが、3F病棟の「粘稠度製剤の使用について」の意見を紹介します。

・各病棟で注入食の実施方法が若干異なっているところがある。個々の患者さんに適した注入方法を検討し、全病棟共通の手技で行えるとよいと思う。
・粘度調整剤や注入食の種類によって粘度のつき方が異なるので、患者さんによって、
例えば逆流しやすい、下痢しやすいなどの個別性に応じて選択を考えて行くことができるよう研究を継続してほしい。
・大変興味深い研究であった。

最後に看護部長から、「既存の研究等の文献検索をしっかり行うことによって、さらに良い研究結果が出るのでがんばってください」と3つの研究に対して全般的な講評をいただきました。

−2F病棟看護師・研修委員(堀)

posted by IYUKAI at 10:37| 看護スタッフのページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。