2019年09月07日

医療事故を少なくするために

人間の脳は非常にすぐれていますが、さまざまな原因で必ず間違えるものです。どんなに教育や訓練を受けたとしても、ヒューマンエラーを完全になくすことは不可能です。

エラーリスクの高まる状況は、経験不足、時間不足、不適切な点検(点検という単純作業がいい加減になること)、手順の不手際(準備不足・人手不足・注意不足)、不適切な情報、焦りや疲れなどによる集中力の低下があげられます。
また、自己発生の落とし穴は、あいまいな指示、間違った情報、読めない文字、整理不足、物品補充不足、物品をあるべき場所に戻さないことなどがあげられます。

では、エラーを防ぐためにどうすればよいのでしょうか。
我々がすぐにできる事故対策は、自分の体調管理・精神状態のコントロール、ダブルチェック(自身でのチェック+複数人でのチェック)、見直しをする習慣を身に着けて各段階のエラーを減らすこと、確認されるのを嫌がらないことです。
それから、人的要因への対策は、記憶に頼らないこと、情報を視覚化すること、ルール・手順を再検討して単純化すること、ルール・手順を標準化すること、チェックリストを活用すること、警戒心を過信しないことです。

それに加えて、医療安全のために日頃から身に着けたいのが、以下の心がけです。
・患者様(ご家族)との関係をしっかりつくる
・患者様(ご家族)への丁寧な説明をする
・患者様(ご家族)にわかる言葉で話す
・根拠に基づいたケアを実践する
・セルフケア(自己管理・体調管理)の重要性を認識する
・日頃から倫理的な行動をとるように心がける
・エラーが発生しても非難しないようにする

しかしながら、万が一事故が生じてしまったときは、困ったら人を呼ぶこと、事故に対する対処と医療継続、安易な自己判断をしないこと、迅速な報告をすることが必要です。
それから、同じ間違いを繰り返さないように、インシデントレポートの作成・報告と行い、他職種の観点で分析・対策を協議することも必要になってきます。

このように、ヒューマンエラーを防ぐためには、1つ1つの段階を確実にこなすことが重要です。


ー診療部長 岡嶋 泰
posted by IYUKAI at 09:18| 医師のページ | 更新情報をチェックする

2019年08月17日

ふれあい看護体験

7月26日に「ふれあい看護体験」を実施し、看護師を目指している高校生2名に参加いただきました。

DSC04245.JPG

オリエンテーション、病院内見学の後、当院の看護師指導のもと、病棟にて看護体験を行いました。体験いただいた内容は、バイタル測定、配膳、食事介助、保清、介助、患者様との会話です。また、点滴や処置、注入食などの様子も観察いただきました。
体験中は熱心に患者様とコミュニケーションされる様子が伺えました。

参加いただいた高校生からは、『看護の方々は、患者さんとのコミュニケーションを一番大切にされていることが良くわかりました。』『患者さんとの会話の中で「頑張って」と言っていただき、すごく元気をもらい、やりがいのある仕事だと感じました。』という感想をいただいています。

DSC04261.JPG

当院の職員も将来の看護師を育てるという使命感を感じるとともに、新鮮な気持ちを持ったようです。
参加された高校生のみなさん、看護師を目指して頑張ってくださいね!応援しています。

〇ふれあい看護体験
京都府看護協会が「看護の日」の事業として開催しているもので、医療機関関係者および患者さんとのふれあいを通して、看護することや人の命について理解と関心を高める機会を提供するものです。また、看護に興味を持ち、看護の道へと進むことのきっかけや目標を持っていただく機会でもあります。
https://www.kyokango.or.jp/kangoday/kangoday_fureai.html
posted by IYUKAI at 09:30| 看護スタッフのページ | 更新情報をチェックする

熱中症予防の食生活について

高温多湿で蒸し暑いと言われる京都の夏。
気温の上昇と共に、体への負担が大きくなり、熱中症の発生リスクが高まります。高齢者は特に注意が必要です。


①体内の水分が不足しがちです。
高齢者は若年者よりも体内の水分は少ない上、体の老廃物を排出する際にたくさんの尿を必要とします。

②暑さに対する感覚機能が低下しています。
加齢により、暑さやのどの渇きに対する感覚が鈍くなります。

③暑さに対する体の調整機能が低下します。
高齢者は体に熱がたまりやすく、暑い時には若年者よりも循環器系への負担が大きくなります。
(環境省発行 熱中症環境保健マニュアル2018より)

蒸し暑い夏は、水分代謝の機能が低下、胃腸の働きも弱りがちです。また、汗で大量の水分が失われるため、水分補給はとても大切です。


熱中症を予防するために、食生活で気を付けたいポイントは、水分が豊富でビタミンやミネラルも補給できる夏野菜のきゅうりやトマト、ナスなどをたっぷり食べる。しそやみょうが、生姜などの香味野菜を上手に使って低下しがちな食欲をアップさせる。そして、炭水化物の代謝を促すビタミンB群を含む豚肉や鶏肉、魚介類をしっかり食べて、栄養補給と水分補給を心掛けましょう。


管理栄養士 西村 美津子
posted by IYUKAI at 00:00| 健康情報のページ | 更新情報をチェックする

2019年08月09日

島原大門

下京区には、日本最古の公許遊郭島原の正門である「島原大門」があります。
一間幅、本瓦ぶき、切妻の高麗門で、傍には柳の木が佇み、大門から続く道には石畳が敷かれています。

DSC03917.JPG

豊臣秀吉が京都を再興したときに二条柳馬場に公許した花街が、後に六条坊門(現在の東本願寺の北側)に移され、その後の京の町の発展に伴い、寛永十八年(1641年)、市街地の西に当たる当時の朱雀町に移りました。正式には西新屋敷と呼んでいました。
その急な移転騒動が、九州で起こった島原の乱の直後であったため、それになぞらえて「島原」と称されるようになったそうです。
幕末には、討幕派の勤皇志士たちや、新選組の隊士たちが足繫く通いました。

大門を抜けると、当時の面影を残す建物が残されています。
posted by IYUKAI at 09:00| 地域の紹介ページ | 更新情報をチェックする

2019年07月26日

京都の西の玄関口「梅小路京都西駅」

JR嵯峨野線の梅小路京都西駅は2019年3月16日に開業したばかりの新駅です。

DSC03893.JPG

駅名には、まず、京都市による公募で最も多いキーワード「梅小路」を使うことが決められました。そして、京都駅から電車で3分、歩いても20分程度であるため、「京都駅のすぐ西側」という意味合いを込めて「梅小路京都西駅」と命名されたそうです。

駅の周囲には、京都鉄道博物館、京都水族館、梅小路公園があります。梅小路公園では、定期的にイベントやマルシェが開催されており、家族連れが集まるレジャースポットになっています。


小さい子どもからお年寄りまで、たくさんの方に利用していただくために、駅周辺にはこのような工夫がされています。
① 梅小路京都西駅から七条通北側への回遊性を高める歩行者専用橋
エレベーター2基設置によるバリアフリー。屋根があるので、雨の日も安心です。
② 駅に隣接する七条入口広場梅小路公園の歩行者空間
歩道は車椅子やベビーカー通過時の振動を抑制するバリアフリー舗装です。


JR嵯峨野線は嵐山方面へのアクセスも便利です。
梅小路京都西駅、ぜひ利用してみてくださいね。
posted by IYUKAI at 09:08| 地域の紹介ページ | 更新情報をチェックする

2019年07月17日

防火訓練

京都市消防局の消防隊員にお越しいただき、防火訓練を行いました。

DSC03986.JPG

夜間に院内から火の手が上がったという想定のもと、職員が連絡・消火係、当直医師、当直事務、病棟看護師、看護補助、重症患者、軽症患者の役に分かれ、軽症患者様の避難誘導を行い、重症患者様を安全な場所に搬送しました。
全員点呼が済んだ後、消化器を用いた消火訓練を行いました。

いざというときにできるだけ冷静な行動ができるよう、避難経路の見直しや定期的な訓練を繰り返したいと思います。
posted by IYUKAI at 00:00| 病院全般のページ | 更新情報をチェックする

2019年07月06日

七夕飾り付け

当院では1F受付前と各病棟に七夕飾りを設置しています。
患者様やご家族に短冊に願い事を書いていただき、職員が飾り付けをしました。

健康長寿やリハビリの効果を願うもの、応援されているプロ野球チームの必勝祈願など、個性あふれる短冊が飾られています。
設置期間は7月12日AMまでです。

皆様の願いが叶いますように。


20194F1.JPG
posted by IYUKAI at 08:55| 病院全般のページ | 更新情報をチェックする

2019年06月15日

第54回京都病院学会にて発表を行いました

6月9日に京都病院学会が開催されました。
京都病院学会は京都府内の病院から様々な職種が参加し、日頃の取り組みや研究成果を発表する学会です。
当院からは患者ケア部の3名の職員が発表を行いました。


チーム医療で目指す退院支援
~リハビリテーションの視点~
患者ケア部 リハビリテーション担当科長代理 村﨑陽一

地域包括ケアシステムの推進や病院の機能分化に伴い、入院から退院までの期間の短縮、医療と介護の連携など退院支援に向けて必要な情報共有や多職種連携によるチーム医療の確立が重要となってきています。
そこで、当院では、チーム医療、多職種連携について各病院スタッフ間での必要な情報を再確認し、患者様を中心とした治療、リハビリテーションなどを実施し、どの様に情報共有を行い、退院支援を行っていくかを検討しました。
まず、入院からリハビリ介入までの期間を短縮し、患者評価とリハビリ到達目標の設定を行い、現状と課題などを看護チームへ口頭と文章で説明するようにしました。その後、適宜状態変化などを申し送ることで円滑な退院支援を目指しました。
リハビリテーションの視点から捉えたチーム医療による退院支援を学会で報告しました。

DSC03960.JPG


療養病棟での口腔ケアによる口臭予防
患者ケア部 4F病棟看護師 明暗めぐみ

療養病棟は寝たきりの患者様が多く、口腔ケアが重視される所です。
これまでは水などによる口腔ケアを実施してきましたが、今回は口臭に着目し、緑茶・コンクール(低刺激のうがい薬)・水の3種類を簡易測定器を用いて比較しました。注入食患者様2名、経口患者様2名を選出し、3種類それぞれを1週間ずつ使用し、実施前後で簡易測定器で口臭の強さを測定しました。
どの方法も数値の減り方にはさほどの変化はみられませんでしたが、職員アンケートではコンクールが一番口臭が少なくなったと感じたという意見が多かったです。緑茶もそれに続いていました。
今回の研究を通して結果が数値として捉えられたことで達成感が持てたことは事実です。いかに意識してケアを実施することが重要なのかを学んだため、その過程を報告しました。

DSC03970.JPG


ストマックチューブ内腔の清潔管理
~洗浄・静菌効果を高めるために~
患者ケア部 2F病棟准看護師 舘岡真一

42床の療養病棟のうち、24名が経管栄養の患者様であり、ストマックチューブの使用頻度が高いです。
1日3回の注入食後に朝・昼は白湯、夕は酢水を20mlフラッシュしていますが、時間がたつとチューブ内に付着物を認めるため、白湯や酢水での洗浄効果に疑問を感じていました。
「酢水の効果は少なく白湯のみと変わらない」「クエン酸水は安全で効果がある」と記載されていた文献を参考に、酢水・白湯・クエン酸水を比較し、より効果的な内腔清潔管理を行うことを目的とし、研究に取り組みました。
その結果、酢水やクエン酸水の静菌効果が優れていること、さらに酢水やクエン酸水充填前の白湯のフラッシュを行わなくても効果があることがわかり、業務の負担軽減に繋がりました。
今後の課題も残っていますが、研究の結果を報告しました。

DSC03971.JPG


学会には上記以外の職員も多く参加し、
他病院で活躍されている方々の発表からも、多くの学びを得る機会となりました。
posted by IYUKAI at 09:32| 病院全般のページ | 更新情報をチェックする

2019年06月01日

七三シルバー集い

5月19日に七条第三小学校で「七三シルバー集い」が開催されました。

DSC03945.JPG


この行事は地域のシルバー世代の方々全員が顔を合わせ、それぞれの無事や健康を確認し合ったり、いろいろな催し物を通じて楽しんでいただくという目的で毎年盛大に開催されています。

当院は血圧測定で参加させていただきました。

DSC03944.JPG

昨今は家庭で血圧計を持っておられる方も多く、「歩いてきた直後は少し高く出ますね。」と変動の原因をよく把握されており、健康への関心が高いことに感心しました。
中には、血圧正常で普段何の薬も飲まず、姿勢も正しいスーパーご長寿の90歳を超えている方もおられ、病院職員でありながら元気の秘訣を教わりたいと思いました。


これからも地域密着型病院として積極的に地域の行事に参加し、地域の方々に少しでも貢献できればと考えています。


-地域ケア推進部 秦
posted by IYUKAI at 00:00| 病院全般のページ | 更新情報をチェックする

2019年05月17日

手軽にできるウォーキング

朝早くから何の準備体操もせずにいきなりジョギングを始める人をよく見かけますが、いきなり身体を動かすのは肉体的、精神的にアンバランスが生じ、これが長く続くと身体的によくありません。それなりの準備体操が不可欠です。

そこで、手軽にできるウォーキングを紹介します。

まず、姿勢を正して肘を90度に曲げて手を大きく振り、歩幅を大きくして歩くことから始めましょう。糖尿病の予防や進行を防ぐには、1週間に150分以上の運動が必要ですが、運動不足の場合には1週間に60分の運動から始めてみましょう。これを基本にして週に3~5回、10~15分の運動をするようにしましょう。最初から一定の運動を決めてしまわずに、すこしずつ運動量を増やしていくのが良いでしょう。

また、誰かウォーキングする相手を見つけて行うと、毎日の運動につながります。2人でウォーキングをする場合には、お互いの会話が聞こえるくらいのスピードが良く、心拍数が毎分70~100位までのスピードが良いと言われています。

運動をしないと、高齢者になってロコモティブシンドローム(例えば、片足で立って靴下を履くことができなくなる等)になる恐れがありますので、気軽にできる有酸素運動のウォーキングをお勧めします。

-院長 岡田 昌義
posted by IYUKAI at 00:00| 健康情報のページ | 更新情報をチェックする