2020年09月10日

第53回 愛友会セミナー

2020年7月27日に第53回愛友会セミナーを開催しました。
愛友会セミナーとは、当院の全職員を対象として院内研修会です。院内多職種が講師となり、毎回テーマを変えて、当院の実情に即した内容のセミナーを行っています。

今回は医師から「医療事故防止」、看護師から「認知症について」の2演題が発表されました。

■医療事故防止
診療部長 岡嶋 泰 (医師)

「人間は誰でも必ず間違える」を前提に、事故を防止するために職員が日頃から留意すべきことを学びました。

<すぐにできる事故対策>
・自分の体調管理、精神状態のコントロール 
・ダブルチェック
 自分自身でのチェック+複数人でのダブルチェック
・見直す習慣をつけ、各段階のエラーを減らす
・ミスの少ない人へのチェックをおろそかにしない
・確認されるのを嫌がらない

<人的要因への対策>
・記憶に頼らない
・情報を視覚化する
・ルール・手順を再検討して単純化する
・ルールおよび手順を標準化する
・チェックリストを日常的に使用する
・警戒心を過信しない

<新人・新しい仕事の留意点>
・充分な準備をする
・リストを使用する
・仕事の手順を確認してから、仕事を始める
・自信のないことは、上司・先輩に相談する
・確認をしっかり行う(指差し呼称、声出し確認)

<事故発生時の対応>
・困ったら人を呼ぶ
・事故に対する対処+現在の医療の継続
・安易な自己判断をしない
・迅速な報告をする

同じ間違いを繰り返さないように、インシデントレポートの作成・報告を行い、他職種の視点で分析・対策を協議することも重要です。


■認知症について
3F病棟 アシスタント・マネージャー 松本 久子 (看護師)
4F病棟 病棟長代理 水井 俶子 (看護師)

認知症とは、特定の病名ではなく、症候群であり、一度正常なレベルまで達した精神機能が、何らかの脳障害により、回復不能な形で損なわれた状態をいいます。
認知症には大きく4つの病型があります。
・アルツハイマー型認知症
・血管性認知症
・レビー小体型認知症
・前頭側頭型認知症

ところで、加齢に伴う物忘れと認知症の物忘れは異なります。
<加齢に伴う物忘れ>
・体験の一部分を忘れる
・記憶障害のみがみられる
・物忘れを自覚している
・探し物も努力して見つけようとする
・見当識障害はみられない
・日常生活に支障はない
・きわめて徐々にしか進行しない

<認知症の物忘れ>
・全体を忘れる
・記憶障害に加えて、判断の障害や実行機能障害がある
・物忘れの自覚に乏しい
・探し物も誰かが盗ったということがある
・見当識障害がみられる
・日常生活に支障をきたす
・進行性である

アルツハイマー型認知症に対しては、症状の改善と進行の遅延を目標に、認知症治療薬が用いられることがありますが、認知症には根本的な治療法がありません。
当院では、患者様の尊厳を支えるケアを心掛けています。

<認知症ケアの基本>
①認知症の人の見ている世界を理解する
②その人らしく存在していられることを支援
③“わからない人”とせず、自己決定を尊重
④生活歴を知り、生活の継続性を保つケア環境
⑤認知症の人の行動は援助者の鏡
posted by IYUKAI at 13:44| 病院全般のページ | 更新情報をチェックする

2020年09月02日

京都病院学会にて研究発表を行いました

今年の京都病院学会は6月14日~7月12日にオンラインで開催されました。
当院からは次の2題を発表しました。

■看護部門
「新人教育を試みて」
患者ケア部 3F病棟 看護師 松本久子

2025年を目途に、地域包括ケアシステムの構築が進められ、福祉サービスの向上や訪問看護の強化に向けて、多様性に対応できる総合的な看護ケアが求められています。

当院はこれまで看護経験のある看護師を主に採用してきましたが、2019年度より、新卒看護師の採用も積極的に始めました。
看護の基礎教育の充実と在宅支援までできる看護師の育成を目指し、新人教育プログラムを作成しました。

プログラムでは、3名の新人看護師を対象に、教育の年間計画の作成と基礎的知識・技術評価を作成し、指導に取り組みました。
新人看護師は、経験豊富な看護師から応用した看護を学び、また、ベテラン看護師は基本に立ち戻って事故の看護を見つめ直すという双方の存在が、看護師の育成に繋がるのではないかと考えます。

今後も、互いが刺激し合いながら成長できるよう、努力していきます。


■リハビリテーション部門
「在宅復帰の向上を目指して ~訪問リハビリの早期介入を試みて~」
患者ケア部 理学療法士 赤田知也

当院は亜急性期~慢性期の入院患者様を対象に、一般・地域包括ケア・療養で病床を構成しています。
また各種在宅サービスを行っていますが、退院件数のうち在宅復帰件数の割合が少ないという傾向があります。

そのため、在宅復帰率の向上と地域包括ケア病床の活用を目指して、訪問リハビリのセラピストが入院患者様へ早期介入し、在宅復帰までの支援を行いました。
入院中から、訪問リハビリのセラピストが疾患別のリハビリテーションや家屋調査にも同行することで、病院全体で在宅生活のイメージの向上を図ることができました。
また、他院前に患者様との信頼関係が形成でき、在宅復帰後の安心感を与えることができたと思います。
今後もより生活場面を想定したリハビリテーションを実施し、場面場面で最適なケアを目指したいと考えています。
posted by IYUKAI at 08:57| 病院全般のページ | 更新情報をチェックする

2020年08月17日

地域ケア推進部の紹介

地域ケア推進部は明石病院の在宅サービスを担っています。
各在宅サービスを紹介します。

DSC00753.JPG

■訪問診療
病気や障害、ADL(日常生活動作)の低下により、独りで通院することが難しい方に対して、医師が定期的に自宅や入居施設を訪問し、診療や医療処置を行っています。
現在総合診療科の医師が担当しており、ターミナルや緩和ケアにも対応します。

■訪問看護
病気や障害等があり、独りで通院ができない方に対し、安心して在宅生活が送れるようにかかりつけ医師の指示により訪問看護師がご自宅を訪問し、医療処置や看護指導を行います。
緊急時は休日・夜間も対応します。

■訪問リハビリテーション
かかりつけ医師の指示によりリハビリ専門職が自宅を訪問し、身体の状況や希望に合わせた機能訓練等を提供しています。
現在3名の理学療法士が入院・外来リハ・通所リハと連携して対応しています。

■通所リハビリテーション
当院の送迎者で、利用者の方をご自宅まで送り迎えし、短時間(約1時間10分)の訓練を集中的に行っています。
理学療法士が利用者様個人の目標に合わせた訓練プログラムを作成し、指導します。
トレーニングマシンを使用した筋力トレーニングや持久力トレーニングも行っています。


各サービスは病院が運営し、病院併設で実施していますので、健康面のサポートは安心です。
必要に応じて外来受診・入院等がスムーズに行えます。
posted by IYUKAI at 09:08| 在宅医療のページ | 更新情報をチェックする

2020年08月13日

当院看護師が特定看護師資格を取得しました

看護師特定行為は、看護師が手順書により行う場合には、実践的な理解力、思考力及び判断力並びに高度かつ専門的な知識及び技能が特に必要とされる診療補助の38行為を指します。
特定行為研修を修了し、高度な知識や判断力があると評価されると、医師の判断を待たずに診療補助を行うことができます。
当院では、昨年、宮前典之看護師(病棟長)が看護師特定行為研修に臨み、研修を修了し、特定看護師の資格を取得しました。


以下、宮前典之看護師の話を紹介します。

『看護部長から「看護師特定行為研修を受けてみない?」と提案をいただき引き受けました。

特定行為研修は約1年に及ぶ研修で、始めの半年間に対面授業やオンライン研修といった座学研修があり、後半の半年間で実習があります。
全国から役職や価値観の異なる看護師30名が集まるため、研修を通じて新しいネットワークができ、大変貴重な財産となりました。
研修仲間とは現在も情報交換をするなどして繋がっています。

実習では80症例をこなす必要がありますが、各医師から丁寧に指導してもらいながら、そのうち35症例を当院で経験しました。
院外では、高度急性期病院の手術室の中での処置や、精神科の実習なども経験しました。

多くの人に支えられ、無事に研修を修了することができ、病院の皆に感謝しています。
今後は医師の許可のもと、できる行為を増やしていけたらと思っています。』
posted by IYUKAI at 08:42| 看護スタッフのページ | 更新情報をチェックする

2020年07月27日

小紋・京友禅の染工房 吉江染工を訪ねました

吉江染工は七条御所ノ内西町にある小紋・京友禅の染工房。
京友禅型染部門の伝統工芸士でもある社長の吉江康二さんは、三代目に当たります。
創業の地は室町の近く。襦袢屋で染めの修業に励んだ祖父が小紋の染工房を始めました。
その後、水脈に恵まれた現在の地に移転し、父の代で型友禅に取り掛かることになりました。

現在は、図案を描く工程から染める工程までを自社で行っています。
吉江染工では、白生地を染め、反物として問屋に納めているほか、歌舞伎・宝塚歌劇団などの舞台衣装や力士の着物を作っています。
吉江染工が染めた着物は皇族がお召しになられたことも。
その腕前は見事なもので、様々な品評会で高い評価を得ています。

DSC00684.JPG

最近では、一般のお客様向けに着物の染直しを行っています。
時代の変遷とともに着物の需要が減り、新事業が求められるようになったことがきっかけですが、思い入れの詰まった着物を大切に着続けたいというニーズが多いのだとか。例えば、お母様が成人式できた振袖を現代風に染め直し、娘様が成人式で着ることも。
着物のリフォームに応えている業者は少なく、全国から依頼が集まります。
お預かりした着物は、次の世代の思い出になるようにと、職人が創意工夫を凝らして染め直します。
工房では職人さん達がとても緻密な作業を根気よく続けておられました。

DSC00690.JPG

業界の今後について、吉江社長は次のように語ります。
「海外に行って帰って来た人の話を聞くと、日本人のアイデンティティとして、着物の存在は大きいと感じます。弊社はその中で一役を担い、この伝統産業を残していきたいですね。」

吉江染工では年に1回、一般のお客様向けに”年一展”を開かれています。
繊細で優美な職人技を見に行かれてはいかがでしょう。


有限会社吉江染工場
京都市下京区七条御所ノ内西町63
TEL:075-313-6475
posted by IYUKAI at 09:45| 地域の紹介ページ | 更新情報をチェックする

2020年07月20日

入院患者様の面会について

当院では、新型コロナウイルス感染症拡大防止対策として、2020年4月13日より入院患者様の面会を禁止しています。
ただし、患者様の病態等により、主治医の判断で一時的な面会を許可しています。
2020年7月20日より、一時的な面会の許可内容を一部変更しました。

■一時的な面会について
①面会許可期間は、面会許可書発行日から3日以内とさせていただきます。
②面会いただけるのは①の期間のうち、1日です。
③面会いただける人数は2人までです。
④面会時間は10分以内とさせていただきます。
⑤面会終了後に受付にて面会許可書を回収させていただきます。
⑥患者様の病態等により、新たに一時的な面会を要する場合は、改めて面会許可書の発行手続きをさせていただきます。
⑦上記の取り扱いはお看取り時を除きます。

ご不便おかけしますが、ご理解のほど、お願いいたします。


院長
岡田 昌義
posted by IYUKAI at 00:00| 病院全般のページ | 更新情報をチェックする

2020年06月29日

明石病院 院内オンライン面会サービスのご案内

当院では、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、2020年4月13日より、入院患者様の面会を禁止しています。
長期間にわたる面会禁止の代替えとして、院内オンライン面会(ビデオ通話)のサービスを「予約制」でご利用いただけることとなりました。
院内オンライン面会とは、Skype(スカイプ)を利用し、入院患者様とご家族様との間で、タブレット端末を通してビデオ通話(テレビ電話)ができるシステムです。

ご利用を希望される方は、下記の利用条件等をご了承の上、お申し込みください。

■面会内容
当院のタブレット端末を使用し、病室の患者様と病院に来院いただいたご家族様が面会をしていただけます。
※事前予約が必要です。

■面会時間
院内オンライン面会の時間帯は、平日(土・日・祝日を除く)の16:00~17:00です。

■予約方法
平日(土・日・祝日を除く)の8:30~17:00に、お電話もしくは受付にて「オンライン面会希望」の旨をお伝えください。
ご希望の日時を調整させていただきます。
※予約の受付は、ご希望日の前日から1週間前までとさせていただきます。
※1日の予約枠には限りがありますので、ご希望に添えない場合もあります。
※多くの方にご利用いただくため、1週間に2回までとさせていただきます。

■利用条件
①院内オンライン面会は予約制です。
 希望者が多い場合は、利用回数等を勘案し、当院で調整させていただくことがあります。
②1回のビデオ通話は10分以内です。
③対象は、入院患者様のご家族様に限らせていただきます。
④予約された時間までに来院ください。
⑤当院のタブレット端末を利用していただきます。利用アプリはSkype(スカイプ)(無料)です。

■注意事項
①院内オンライン面会は、事情により個室以外の場所の場合もありますので、あらかじめご了承ください。
②患者様の体調や希望によってお断りする場合があります。


【お問い合わせ・ご予約】
医療法人愛友会 明石病院
医事課
電話:075-313-1453
受付時間:8:30~17:00
posted by IYUKAI at 00:00| 病院全般のページ | 更新情報をチェックする

2020年06月02日

心臓血管病の症状と治療方法について

世界一を誇る長寿国の日本での3大死因は、
1位:悪性腫瘍
2位:心臓血管病
3位:肺炎
です。
今回は狭心症や心筋梗塞などの「心臓血管内」の内、4つの症状と治療方法について紹介します。

①狭心症の発作(締め付けられるような胸の痛みなどの症状)
最近では診断後冠動脈血管拡張術(PCI)が行われ、必要であれば外科的に冠動脈バイパス術が行われます。現在では、PCI時にステントの内挿術が行われますが、これにはあらかじめ抗血栓性の薬剤が附加されており、長時間の開存が期待されています。その結果、再狭窄率が10~20%と低下しています。

②心臓のリズム異常
急に心拍数が減少し失神発作に見舞われ心拍数が40~50台となることがありますが、洞房ブロックや房室ブロックなどが原因で、心臓ペースメーカーの植え込みで対応します。

③何らかの原因による心臓停止
AEDによる除細動を急いで行います。心臓が止まってから1分経過するごとに救命率が10%低下しますので、心臓が止まってから4分の間に心臓を動かさないと救命はできません。119番に電話し、その間に心臓マッサージを1分間に100回行います。

④末梢動脈硬化症(手や足の血管の詰まりが原因で、しびれや痛みなどが発生)
糖尿病や脂質異常症など食事が関与しているため、食事での治療を開始します。緊急の場合は末梢動脈の血栓除去術を行います。

院長 岡田 昌義
posted by IYUKAI at 00:00| 健康情報のページ | 更新情報をチェックする

2020年05月21日

言語聴覚士が行うリハビリテーション

当院では、言語聴覚士2名体制で、成人を対象に、主に「話す」「食べる」に関わるリハビリを行っています。
近年は、高齢化の影響もあり、嚥下障害や誤嚥性肺炎など「食べる」ことに何らかの問題を抱えた方が増加しています。
訓練がなかなか上手く進まないケースもありますが、誤嚥性肺炎を起こさず再び口から摂取できるよう目指して、日々、患者様とリハビリに取り組んでいます。ここでは、言語聴覚士が行うリハビリテーションをご紹介します。

言語聴覚士.JPG

言語聴覚士(ST:Speech-Language-Hearing Therapist)は、病気や生まれつきの障害などにより、話すことや聞くことに不自由がある人に対して、コミュニケーションの回復を支援する仕事です。
また、言語や聴覚だけでなく、食べることや飲み込むことが難しい方も言語聴覚士が行うリハビリテーションの対象になります。つまり、言語聴覚士が行うリハビリは「話す」「食べる」「聞く」を支援することです。

コミュニケーションの問題には、呂律が回らない(構音障害)、言葉がうまく分からない(失語症)、声が出せない(音声障害)、注意や判断が落ちるなど(高次脳機能障害)があります。
その原因は、脳卒中や交通事故などに伴う脳挫傷などの脳損傷、職業上声を使いすぎるなどの環境的問題、生まれつきの発達の問題など様々です。そのような問題に対し、評価・訓練を行います。

また、脳卒中などにより生じた摂食(食べる)・嚥下(飲みこむ)障害のある入院患者様を対象に、摂食嚥下訓練を行います。
その方の状態や能力に合わせた方法でアプローチし、低下している部位のトレーニングや、姿勢や食物形態の工夫などを行うことによって、より安全においしく食事ができるように、医師、管理栄養士、看護師などと共にチームで対応しております。


リハビリテーション2F 病棟リーダー
言語聴覚士
益川 慎平
posted by IYUKAI at 00:00| リハスタッフのページ | 更新情報をチェックする

2020年05月11日

新型コロナウイルス感染症対策 ~外来待合ソファー~

新型コロナウイルス感染症予防のため、当院の待合ソファーは、外来患者様に一定の間隔を空けて利用いただいています。

待合.jpeg

ソファーには啓発ポスターを貼付していますが、区役所の許可をいただき、当院のある京都市下京区のマスコットキャラクター「シモンちゃん」を起用させていただきました。

シモンちゃんの紹介をさせていただきます。

名前:しもぎょう シモン
性別:男性
誕生日:1999年7月4日

下京区が誕生した明治12年(1879年)の文明開化の時代に想いをめぐらせ,シルクハットに燕尾服のスタイルです。
頭の「緑」は,梅小路公園やお寺の自然,「赤」は繁華街や観光地のにぎわい,「青」は鴨川や高瀬川の水,を表現しているそうです。

※下京区役所ホームページより
https://www.city.kyoto.lg.jp/shimogyo/page/0000220615.html


シモンちゃん.jpeg
posted by IYUKAI at 10:00| 病院全般のページ | 更新情報をチェックする